健康経営の取組み

健康宣言

当社では、「健康経営」という視点から、従業員やその家族の健康に対する認識を明確にすることにより、一人ひとりの健康意識の向上と 働きやすい職場の実現を推進するために、「健康宣言」を制定しています。

阪神電気鉄道では、従業員やその家族の心身の「健康」が、幸せの源泉であるとともに、会社の豊かな未来の礎であると考えています。

また、お客様に「安心・快適」、そして「夢・感動」をお届けするためには、みんなが健康で多様な個性や能力を最大限に発揮することが何よりも大切です。

これを実現するために、私たちは自らの健康に高い意識を持ち、職場の仲間や家族とともに健康づくりに取り組みます。

ここに阪神電気鉄道は、会社と健康保険組合が一体となって、「阪急阪神Wellnessチャレンジ」をスローガンに、一人ひとりの健康づくりを積極的に支援するとともに、生き活きと働くことができる職場環境づくりに努めることを宣言します。

2018年6月
阪神電気鉄道株式会社
代表取締役社長 健康経営推進責任者
秦  雅夫

健康経営の推進体制

各部門長・産業医・阪急阪神健康保険組合・人事部により構成される「健康経営推進委員会」を設置し、具体的な施策を検討・実施してまいります。

自社の健康課題

生活習慣病の予防、精神系疾患の予防、がんの早期発見、長時間労働による健康障害の防止

具体的な取組み

保健指導の対象者拡大、特定検診の検査項目拡充、社員食堂におけるヘルシーメニューの一層の利用促進、メンタルヘルス研修の継続実施、カウンセリングルームの一層の活用、郵便がん検診及び人間ドックの受診促進など