鉄道事業

鉄道事業

愛され続ける「みなさまの足」として、安全・便利・快適な輸送サービスを提供します。

本線・阪神なんば線(西九条〜大阪難波間は第2種鉄道事業)・武庫川線・神戸高速線(第2種鉄道事業)の4路線を51駅(他社との共同使用駅2駅を含む。)・48.9kmで営業しています。特急・急行・快速急行など9種類の列車を組み合わせたきめ細かいダイヤを編成するとともに、山陽電気鉄道(株)と大阪梅田・山陽姫路間、近畿日本鉄道(株)と神戸三宮・近鉄奈良間で相互直通運転を行っています。
さらに、路線の立体化を鋭意推進するなど、すべてのお客様が、安全に便利で快適に、利用しやすい鉄道を目指しています。

トピックス

沿線各都市の都市計画事業として、踏切の立体交差化(高架化又は地下化)を進め、交通渋滞の緩和と列車運行の安全性向上に努めています。
立体化率は本線で95%、阪神なんば線で90%、神戸高速線では100%と、非常に高い水準を誇っています。現在も阪神なんば線出来島〜千鳥橋間で高架化工事を進めており、この工事が完了すれば、阪神なんば線の立体化率は100%になります。
さらに大規模な駅改良工事として大阪梅田駅の改良工事を進めています。

大阪梅田駅の改良工事

大阪梅田駅パースより快適で、安心してご利用いただけるよう、2015年3月から改良工事に着手しました。本工事では、現在の駅を北側(1番線ホーム側)に拡大したうえで、ホームを拡幅し、また、ホームには可動式ホーム柵を設置するとともに、西改札口側にもエレベーターやエスカレーターを設置し、バリアフリー化を図ります。2022年度完成予定です。

神戸三宮駅に可動式ホーム柵設置

神戸三宮駅に可動式ホーム柵設置駅ホームからの転落事故等の防止策として、神戸三宮駅の1番線ホームと3番線ホームにおいて可動式ホーム柵(引き戸 型)を設置し、2021年2月から供用を開始しました。2番線ホームには、昇降ロープ式のホーム柵を3月から供用を開始しました。

本線住吉・芦屋間連続立体交差化工事

神戸市の都市計画事業として2009年4月に仮上り線(大阪梅田・大阪難波方面行き)、2010年10月に仮下り線(神戸三宮方面行き)、2015年12月に下り線を、2019年11月に上り線をそれぞれ高架に切り替えました。本工事によって11か所の踏切道が除去され、青木駅・深江駅は高架駅として整備されました。現在は高架下の残工事、側道等を整備中です。(事業期間:1992年3月〜2022年度)

阪神なんば線淀川橋梁改築工事

国土交通省の河川改修事業と大阪市の立体交差事業として、2018年12月から工事を施工しています。本工事によって桁下高を上げ防潮鉄扉を廃止するとともに、鉄橋を減らし、洪水や高潮時の被害の防止を図ります。また、同時に、都市計画道路福町十三線と線路の立体交差化も行います。(事業期間:2018年度〜2032年度)

本線で最終列車の発車時刻を繰上げ

近年のライフスタイルの変化及び新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う深夜時間帯の鉄道利 用の減少を踏まえ、2021年3月から、本線の最終列車の発車時刻を繰り上げました。これにより、線路や電気施設の保守等に係る夜間の作業時間が、今まで以上に確保でき、安全性 の向上につながります。

新型コロナウイルス感染症の感染予防の取組み

神戸三宮駅に可動式ホーム柵設置新型コロナウイルス感染症の感染予防及び感染拡大防止のため、以下の取組みを行っています。
・駅係員や乗務員等のマスク着用
・外気導入機能を有した空調の利用や窓開けによる車内の換気
・改札口や定期券売り場窓口でのビニールカーテン設置
・エスカレーターや階段の手すり、エレベータ押しボタン等駅施設の消毒
・主要駅におけるアルコール消毒液の設置
・全車両への抗ウイルス・抗菌加工の実施(2020年9月8日に全車両の加工が完了)

鉄道事業では、培ってきた安心・安全に対する取組みを活かし、野菜栽培を行っています。消費地に近いという地の利を生かしながら、高架下土地等の有効活用に取り組んでいます。

阪神野菜栽培所

高架下(尼崎市内)に植物工場を開設(2014年4月出荷開始)し、農薬を使わずに野菜を栽培し、「清らか野菜」として販売しています。ここで栽培した野菜は、沿線のスーパーマーケットや百貨店などで販売しているほか、ホテルやレストランなどで食材としても利用されています。