不動産事業

阪神沿線を中心に、魅力溢れる都市環境の創造に取り組んでいます。

不動産事業では、梅田及び沿線地域において、賃貸・開発事業を展開しています。
梅田エリアのハービスOSAKA、ハービスENTをはじめ、ウイステ、エビスタ西宮といった当社線の駅前や高架下の開発を手掛けるとともに、そこで蓄積したまちづくりのノウハウを活用した新たな開発事業にも取り組み、沿線価値の更なる向上を図っていきます。
なお、当社の保有する賃貸用資産の運用及び開発事業の推進は、2018年4月1日の不動産事業の再編に伴い、阪急阪神ホールディングスグループの中核会社として設立された阪急阪神不動産株式会社に委託しています。

阪急阪神不動産

不動産事業 梅田1丁目1番地計画のイメージパース

梅田エリア

大阪梅田ツインタワーズ・サウス(梅田1丁目1番地計画)

当社が保有し阪神百貨店が入居する大阪神ビルディングと、阪急電鉄株式会社が保有する新阪急ビルを、当社と阪急電鉄が一体的に建て替え、百貨店ゾーン、オフィスゾーン、カンファレンスゾーンなどで構成される複合ビルを建設するとともに、周辺公共施設整備を一体的に行う計画で、2022年春の竣工を目指しています。

梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)について

大阪梅田ツインタワーズ・サウス 2022年オフィス開業

不動産の賃貸

ハービスOSAKA

当社が総力を挙げて取り組んできた阪神西梅田開発の第I期事業。商業施設、多機能ホール、インテリジェントオフィス、そしてザ・リッツ・カールトン大阪を備えた超高層複合ビルで、1997年3月(ホテルは同年5月)に開業しました。

ハービスENT

阪神西梅田開発の第I期事業「ハービスOSAKA」に続く第II期事業。商業施設、インテリジェントオフィス、そして大阪四季劇場・ビルボードライブ大阪などのエンタテインメント施設を備えた超高層複合ビルで、2004年11月(劇場は2005年1月)に開業しました。

沿線エリア

海老江1丁目開発計画(野田駅)

不動産の賃貸2014年から進めてきました野田駅北側の開発事業「海老江1丁目開発計画」が、2020年4月に完了しました。当社が土地を取得し、分譲マンション及び商業施設の建設を行ったもので(分譲マンション事業は阪急阪神不動産(株)等との共同事業))、2019年8月に分譲マンション「ジオ福島野田The Marks」、2020年3月にイオンリテール(株)が運営する「イオンスタイル海老江」、2020年4月に大阪トヨタ自動車(株)が運営する「レクサス大阪福島」がそれぞれ開業しました。

野田駅前商業施設「野田阪神ウイステ」リニューアル

野田阪神ウイステ2020年5月から着手していた野田駅前商業施設「野田阪神ウイステ」の大規模リニューアル工事が完了し、2020年10月に全館リニューアルオープンしました。このリニューアルでは、現状の主要顧客である40〜60代の主婦層に加え、近隣にお住いの勤労・子育て世代や、近接3駅の乗降客、近隣で働く就業者をターゲットとしています。

JR西日本との共同開発(福島駅)

不動産の賃貸当社とJR西日本が、福島駅付近の大阪環状線沿いに位置するそれぞれが所有する土地を、ホテルと商業施設が入居する複合ビルとして、共同で一体的に開発し、2019年4月に竣工、5月に開業しました。

4月15日(月)に竣工、5月15日(水)に開業
〜複合ビルとJR大阪環状線高架下の間に賑わい溢れる通り「ふくまる通り57」が 誕生〜

ふくまる通り57

戸建住宅の分譲事業について

当社の戸建住宅の分譲事業については、2018年4月1日をもって、阪急阪神不動産株式会社へ移管しました。

ハピアガーデン