ニュースリリース

甲子園歴史館 企画展開催のお知らせ
「センバツ企画展2024 初優勝特集」を開催

2024年2月5日

 阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:久須勇介)が運営する甲子園歴史館では、2月7日(水)から4月7日(日)までの間、「センバツ企画展2024初優勝特集」を開催します。

 今回の企画展では、前回大会で山梨県勢として初優勝を成し遂げた山梨学院をはじめ、選抜大会で初優勝した学校にスポットを当て、印象的な決勝戦を紹介するほか、昨年のWBSCU−18ベースボールワールドカップで初優勝を成し遂げた日本代表の全試合をパネルや展示品で特集します。また、第96回選抜高等学校野球大会に出場する32校のユニフォーム展示・学校紹介をはじめ、前回大会をパネルや展示品、特別映像で振り返るほか、センバツ大会100年となる今大会の優勝校に贈られる紫紺の優勝旗・優勝杯、準優勝校に贈られる準優勝旗の展示を行うなど、盛りだくさんの内容です。

 さらに、阪神甲子園球場100周年特別企画として、1931(昭和6)年、台湾代表として甲子園初出場を果たし、準優勝を成し遂げた「嘉義農林」の軌跡を辿り、日台野球の歴史を紹介します。

 

※ 詳細は、こちらをご覧ください(PDFファイル、466.04kバイト)。

  • HANSHIN“たいせつ”活動
  • 阪急阪神ホールディングス
  • 阪急阪神ホールディングス 株主・投資家の皆様へ