ニュースリリース

【六甲山観光(株)】
春節シーズン到来!
インバウンド旅行客で賑わうスキー場
〜今シーズンオープン後、5,000名超が利用〜

2024年2月1日

 六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:寺西公彦)が運営する六甲山スノーパークでは、中華圏の旧正月『春節』を迎える2月10日(土)前後に、台湾を中心としたインバウンド団体が多数来園されます。

 

 2023年からの政府の水際対策緩和により六甲山スノーパークではインバウンド団体利用が復活し、雪ゾリ・雪あそび専用ゲレンデ「スノーランド」で雪の世界を楽しもうと、多くのインバウンド団体及びFIT(個人旅行者)が来園しています。当園では、インバウンドへの取り組みとして、自動翻訳機を使用した翻訳サービスの導入や、英語・中国語での園内放送の実施、さらに、インバウンド向けのスキー・スノーボードスクールを開講するなど、インバウンド対応のサービスを強化して参りました。

 

 春節シーズンが本格化する2月10日(土)〜17日(土)の8日間には、69件、約1,950名来園する予定です。

 

 

※ 詳細は、こちらをご覧ください(PDFファイル、597.13kバイト)。

  • HANSHIN“たいせつ”活動
  • 阪急阪神ホールディングス
  • 阪急阪神ホールディングス 株主・投資家の皆様へ