ニュースリリース

阪神甲子園球場に新たなシートが誕生します
〜『グリーンラグジュアリーボックス』『ブリーズリゾートテラス』を新設〜

2024年1月9日

 阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:久須勇介)が運営する阪神甲子園球場では、この度、バックネット裏中央から一望できる最上級の特別空間『グリーンラグジュアリーボックス』と、熱気と爽風の調和する開放空間『ブリーズリゾートテラス』の2種類の半個室型シートを新設することとしました。

 これらの新シートは、2024シーズンのオープン戦より順次運用を開始し、レギュラーシーズン公式戦においては、阪神甲子園球場年間予約席として稼働いたします。なお、高校野球期間等の発売方法などの詳細は、後日、各興行の主催者より発表される情報や、阪神タイガース及び阪神甲子園球場公式サイト等よりご確認ください。

 

※ 詳細は、こちらをご覧ください(PDFファイル、623.97バイト)。

  • HANSHIN“たいせつ”活動
  • 阪急阪神ホールディングス
  • 阪急阪神ホールディングス 株主・投資家の皆様へ