ニュースリリース

【(株)阪神コンテンツリンク】
東京スカパラダイスオーケストラ、デビュー35周年を飾る
初のフルオーケストラコンサートが5月25日(土)河口湖ステラシアターで開催!
〜ゲストボーカルにハナレグミと中納良恵(EGO-WRAPPIN')、
指揮・音楽監修に服部髞V、管弦楽に東京フィルハーモニー交響楽団が決定〜

2024年1月4日

 ビルボードジャパン(株式会社阪神コンテンツリンク)は、東京スカパラダイスオーケストラのデビュー35周年記念特別公演として、初のフルオーケストラコンサートとなる【東京スカパラダイスオーケストラ×ビルボードクラシックスat 河口湖ステラシアター】の開催を決定した。指揮と音楽監修に服部髞Vを迎え、ゲストボーカルとしてハナレグミと中納良恵(EGO-WRAPPIN')が出演、管弦楽は東京フィルハーモニー交響楽団が務める。会場は、遠景に富士山を望む野外シアターとして知られる河口湖ステラシアター。

  東京スカパラダイスオーケストラと服部髞Vとは、「服部良一〜生誕100周年記念トリビュート・アルバム〜」(2007年発表、服部克久・服部髞Vプロデュース)に参加して以来の共演となる。さらに、スカパラとは旧知の仲で知られるゲストの中納良恵(EGO-WRAPPIN')は、NHK 2023年度後期 連続テレビ小説『ブギウギ』の主題歌「ハッピー☆ブギ」で音楽監督の服部髞Vから指名されるなど三者は熱い関係にある。また、もう一方のゲストであるハナレグミとは、昨年3月に開催された中南米最大のフェス「Vive Latino(ヴィヴェ・ラティーノ)」(メキシコシティ)で共演して大反響を呼んだばかり。

  日本が世界に誇る唯一無二のスカバンドとして音楽シーンの最前線を走り続けること35年、彼らの初のフルオーケストラコンサートがこれら豪華共演者たちとともに富士山麓を舞台に繰り広げられる。躍動感あふれるパワフルな一夜限りの特別公演をお見逃しなく。

 

※ 詳細は、こちらをご覧ください(PDFファイル、1,809.89バイト)。

  • HANSHIN“たいせつ”活動
  • 阪急阪神ホールディングス
  • 阪急阪神ホールディングス 株主・投資家の皆様へ