ニュースリリース

100年目の阪神甲子園球場のグラウンドレベルをいち早く体感!
「ナイターグラウンド見学会 supported by Panasonic」 開催
ナイター照明や外野スタンドを照らす本イベント限定のカラー照明を使った演出も。

2023年11月24日

 阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:久須勇介)が運営する阪神甲子園球場では、来年開場100周年を迎える新年のイベントとして、「ナイターグラウンド見学会 supported by Panasonic」を開催します。

 球場のグラウンドのフェンス際にある内外野の人工芝エリアを自由に散策いただけるほか、選手が使うベンチの見学なども可能です。見学時間中には、2023年に「第41回日本照明賞」を受賞したパナソニック製のナイター照明の演出を実施するほか、パナソニックの協力により外野スタンドを照らすカラー照明も本イベント限定で設置します。日没後の開催を生かした、普段の野球観戦では味わえない球場の幻想的な空間をお楽しみください。

 

※ 詳細は、こちらをご覧ください(PDFファイル、854,58kバイト)。

  • HANSHIN“たいせつ”活動
  • 阪急阪神ホールディングス
  • 阪急阪神ホールディングス 株主・投資家の皆様へ