ニュースリリース

甲子園歴史館の開業以来の入館者数が
今年8月下旬に150万人を達成する見込み!!
〜150万人目のお客様に記念品を贈呈&達成記念の入館者プレゼントも〜

2023年7月31日

 阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:久須勇介)が運営する「甲子園歴史館」は、高校野球、阪神タイガース、阪神甲子園球場の歴史を伝えるミュージアムとして2010年3月14日に開業して以来、国内外問わず多くのお客様にご来館いただき、2022年3月3日には、阪神甲子園球場南側の商業施設「甲子園プラス」に展示エリアを一部移転拡張し、リニューアルオープンしました。

 8月下旬には、開業以来の入場者数が150万人を達成する見込みで、150万人目のお客様には、『150万人目の証明書』、『記念トロフィー』、『阪神タイガース公式戦の観戦チケット』などの記念品を贈呈します。

 また、150万人達成の翌日から1週間(7営業日)、甲子園歴史館に入館された各日先着150名様に『甲子園歴史館150万人達成記念 オリジナルユニフォームピンバッチ』をプレゼントするほか、甲子園歴史館公式Twitterにて、150万人達成記念日を予想するキャンペーンを展開します。

 

※ 詳細は、こちらをご覧ください(PDFファイル、381.85kバイト)。 

  • HANSHIN“たいせつ”活動
  • 阪急阪神ホールディングス
  • 阪急阪神ホールディングス 株主・投資家の皆様へ