ニュースリリース

〜夏の高校野球大会期間中、甲子園駅限定〜
平井 大が書き下ろした「栄光の扉」(「熱闘甲子園」テーマソング)が
列車接近メロディになります

2022年8月1日

 阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:秦 雅夫)では、8月6日(土)から、夏の全国高等学校野球選手権大会(主催:朝日新聞社・日本高等学校野球連盟)の開催に合わせ、同日の始発から大会終了日までの間、甲子園駅の列車接近メロディを、平井大の「栄光の扉」に変更します。

 

 この曲は、ABCテレビ「熱闘甲子園」のテーマソングにも採用されていますが、今回使用するのは、この列車接近メロディのために特別にアレンジされたものです(編曲は音楽プロデューサーであり、鉄道メロディのパイオニアである向谷 実氏が担当)。

 

 なお、甲子園駅列車接近メロディを高校野球大会関連曲に変更するのは、夏の大会では、今回が9回目となります。

 

※ 詳細は、こちらをご覧ください(PDFファイル、304.48kバイト)。  

  • HANSHIN“たいせつ”活動
  • 阪急阪神ホールディングス
  • 阪急阪神ホールディングス 株主・投資家の皆様へ