ニュースリリース

神戸三宮駅の可動式ホーム柵(2番線)の供用を開始します

※2022年3月16日付けで延期お知らせあり
※2022年3月28日付けで供用開始お知らせあり

2022年3月9日

 阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:秦雅夫)では、駅ホームからの転落事故などを防止する対策として、国、兵庫県及び神戸市の補助を得て神戸三宮駅に可動式ホーム柵の設置工事を進めています。

 1・3番線ホームの可動式ホーム柵につきましては、既に供用を開始しておりますが、この度、2番線ホームへの設置が完了し、3月16日(水)から供用を開始することとなりましたのでお知らせいたします。

 なお、今回の可動式ホーム柵の供用開始をもって、神戸三宮駅の全てのホームへの設置が完了します。 

 概要は、次のとおりです。

 

  1.供用開始箇所

   本線 神戸三宮駅(神戸市中央区小野柄通8丁目1番8号)

   2番線ホーム乗車側(大阪梅田・大阪難波・近鉄奈良方面ゆき)及び降車側

 

 

   2.供用開始日

     2022年3月16日(水)始発から

 

   3.可動式ホーム柵の内容 

     種類:昇降式ロープ式

 

 

  <2番線 ホームの昇降ロープ式ホーム柵>

       (注)黄色い線の外側は、ロープが昇降するため、ご通行やお待ち合わせにはご注意ください。
       (注)1番線、3番線ホームは、可動式ホーム柵(引き戸型を整備完了(2021年2月)しています。

 

以 上

 

※印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル、568.478バイト)。

 

  • HANSHIN“たいせつ”活動
  • 阪急阪神ホールディングス
  • 阪急阪神ホールディングス 株主・投資家の皆様へ