ニュースリリース

【ユミルリンク梶z
メール配信サービス「Cuenote FC」と
コンバージョン最適化プラットフォーム「Fanplayr」が連携開始
〜サイト内の行動解析に基づいたメール配信が可能に〜

2021年12月17日

ユミルリンク株式会社

 ユミルリンク株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:清水 亘、以下ユミルリンク、証券コード:4372)とJAMU株式会社(東京都世田谷区、代表取締役:上田英明、以下JAMU)は、本日、両社のクライアントであるEC サイト運営企業の売上拡大を目的とし、ユミルリンクが提供するメール配信サービス「Cuenote FC」とJAMUが提供するコンバージョン最適化プラットフォーム「Fanplayr」との連携を開始したことを発表いたします。

 

【連携の背景】

 Fanplayr(ファンプレイヤー)は、サイト内のユーザーの行動を解析し、最適なタイミングで接客して、コンバージョンにつなげるサービスです。流入元から購買行動、施策の評価まで網羅した解析メニューが強みで、その解析によるセグメントに、ダイレクトにアプローチできます。一方、Cuenote FCは、大量配信でも高速・確実に届けられることに加え、APIにより自動送信できる汎用性の高さを持っています。

 

 Fanplayrが解析したセグメントに、Cuenote FCのメール配信を連携すれば、サイト内の行動を元に最適なタイミングを割り出し、メールでアプローチできます。例えばカート内に商品を入れたまま離脱したユーザーに対して、一定時間後にかご落ち防止メールを自動送信したり、サイト内で一定の行動をしたセグメントに対して、購買意欲が高いうちにセールやクーポン情報を自動配信するなど、コンバージョンに近いユーザーに対し、効率的かつ効果的に細やかなフォローを実現します。

 

【活用事例】

 既に両サービスを連携して活用いただいている、こども服・ベビー服の通販サイト「F.O.Online Store」では、かご落ち防止メールの送信において、従来のメールマーケティングと比較し、開封率は約174%、クリック率は 約196%、商品購入率は約490%に向上するという効果が得られました。

 

【今後の展望】

 サードパーティCookieの制限により、ECの事業者は自社のサイトでのデータ取得・活用や、リターゲティング広告に頼らずに、一度訪問したユーザーをフォローする対策が急務となっています。

 これらの対策として、まずはFanplayrのWeb接客機能で収集したメールアドレスに対してCuenote FCでアプローチする、一気通貫のマーケティング施策を提供してまいります。

 また、両社が培ってきたノウハウを掛け合わせ、EC事業者が自社のデータを充分に活用できるよう支援してまいります。

 

 

■Fanplayrとは https://www.fanplayr.jp/

 「Fanplayr」は、アメリカで開発され、世界100か国以上の国で1500社以上の導入実績を持つ、Web接客・AIレコメンドなどを提供するコンバージョン最適化プラットフォームです。シリコンバレー発の金融システムの高度な解析技術をベースとしており、リアルタイムな行動解析と、それに基づく細やかなパーソナライズ、豊富なアクションが強みです。

 

[提供元] JAMU株式会社

      代表取締役社長:上田 英明
      設  立 :2013年2月
      本  社 :東京都世田谷区下馬6-14-18
      事業内容:Fanplayrの販売・導入支援

 

■Cuenote FCとは https://www.cuenote.jp/fc/

 「Cuenote FC」は、月間56億通、毎時1,000万通に上る大量の一斉メール配信を実現する高い性能を有しながら、簡単な操作で小規模〜大規模企業まで、全ての方にご利用いただけます。更に顧客データベースやECなど、他システムとの柔軟なシステム連携も可能です。

 

【会社情報】

 社 名 :ユミルリンク株式会社

 代表取締役社長:清水 亘
 設  立 :1999年7月
 株式情報:東京証券取引所 マザーズ市場(証券コード:4372)
 本  社 :東京都渋谷区代々木2-2-1 小田急サザンタワー12F
 事業内容:メッセージングソリューション事業(ASP・SaaS)

 

*「Fanplayr」は、米国FANPLAYR,Inc.の登録商標です。

*「Cuenote」は、ユミルリンクの登録商標です。

 

 

 ※印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル、185.94kバイト)。  

  • HANSHIN“たいせつ”活動
  • 阪急阪神ホールディングス
  • 阪急阪神ホールディングス 株主・投資家の皆様へ