ニュースリリース

【轄辮_コンテンツリンク】
2021年年間チャート発表!
総合ソング・チャート1位は、優里「ドライフラワー」
総合アルバム・チャート1位は、BTS『BTS, THE BEST』
そしてトップ・アーティストは、BTSが受賞<各コメントあり>

2021年12月10日

 Penske Media Corporation(本社所在地:ニューヨーク)のグループである「米国ビルボード」及び「ビルボードジャパン」(日本におけるBillboardブランドのマスターライセンスを保有する株式会社阪神コンテンツリンク)は、2021年の年間チャートの受賞楽曲・アーティストを発表いたします。(集計期間:2020年11月23日〜2021年11月28日)

 

 2021年年間の総合ソング・チャート【Billboard JAPAN HOT 100】は、優里「ドライフラワ ー」が総合首位を獲得しました。「ドライフラワー」は、2019年12月に配信された「かくれんぼ」で歌われた“彼女”のその後を女性目線で描いたアフターストーリーで、2020年11月25日公開チャートから現在までトップ10圏内を維持するロングヒットを記録しています。2位はBTS「Dynamite」、そして3位はYOASOBI「夜に駆ける」がチャートイン。トップ3に共通するのはCDシングル・リリースされていない点で、ストリーミング、ダウンロード、動画再生といったデジタル領域でロングヒットを記録した楽曲が並びました。

 

 総合アルバム・チャート【Billboard JAPAN HOT Albums】は、BTSの『BTS, THE BEST』が首位を獲得。集計期間中に1,022,497枚を売り上げた本作は、今年唯一のミリオンセールス突破アルバムで、CDセールス1位、PC読み取り回数のルックアップで6位、ダウンロード7位を記録しました。続く2位はCDセールス2位、ルックアップ13位のSnow Man『Snow Mania S1』、3位はSixTONES『1ST』が獲得しました。

 

 総合ソングと総合アルバムのポイントを合算したアーティスト・チャート【Billboard JAPAN Artist 100】では、目覚ましい活躍をみせたBTSが首位に。「Dynamite」(総合ソング2位)、「Butter」(同6位)、「Permission to Dance」(同15位)といったロングヒット曲や『BTS, THE BEST』(総合アルバム1位)、『BE』(同7位)、『Butter』(同17位)など、上位に複数作品がチャートインし、今年のチャートを大いに賑わせました。計11曲が“HOT 100”100位圏内にチャートインしたYOASOBIが2位、「Cry Baby」(総合ソング13位)や『Editorial』(総合アルバム10位)が好調だったOfficial髭男dismが3位に続きます。

 

 2021年は昨年に引き続き、優里やAdoといったニューカマーによるヒットの連発が目立ちました。また、1年にわたって日米ビルボード・チャートで好成績を収めたBTSのヒットを支えるファンダムの有り様にも注目が集まっています。アーティストごとに、アーティスト起因と楽曲起因の異なるファンダムがあり、次に登場(あるいは飛躍)が待たれるのは、その両方を兼ね備え、様々な局面で世界と繋がりを持つアーティスト達です。2022年の音楽シーンはどう変わっていくのか。アーティストとリスナーを繋ぐ最もシンプルなタッチポイントがチャートであるよう、ビルボードジャパンは今後もブラッシュアップしていきます。

 

 各チャートの順位および優里、BTSからの受賞コメントは、次以降をご覧ください。

 

 

 

こうして1年間を通しての1位というのは、まったく想像もしていなくて、すごく驚いています。僕にとっても本当に大切な曲なので、たくさんの方に届いたんだなとすごく嬉しく思います。

 

 

 『BTS, THE BEST』はARMYと僕たちの思い出が詰め込まれている宝箱のような作品です。僕たちの歌を愛してくださり、このアルバムがこのような光栄な賞をいただけたことに感謝の気持ちでいっぱいです。そして、これからの音楽活動への励みにもなります。ARMYの皆さんがいなかったら、このような大きな成果を出すことはできなかったと思います。ありがとうございます。

 

 

 

 

 

◆ビルボードジャパンチャートとは?

米Billboardのメソッドに則り、ラジオオンエア回数、CDセールス、ストリーミング回数、ダウンロード数、Twitter、動画再生、カラオケなど8種類のデータを集計・合算した総合音楽チャートです。多様化する音楽マーケットの動向をリアルに反映し、“今、本当に聴かれている音楽”が分かるチャートを発信しています。

http://www.billboard-japan.com/charts/

 

 

 

ビルボードジャパンではチャートをより詳しく知るためのチャート・インサイトを掲載しています。気になる曲のCD売上やダウンロード、ストリーミング、Twitterなどを指標ごとに分かりやすくグラフで表示し、並び替えや楽曲どうしを比較して、さらに詳しく調べることができます。会員以外のお客様は毎週のチャートの1位から20位まで、有料会員様は1位から100位までをご覧いただけます。

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

 

 ※印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル、1,170.74kバイト)。    

 

  • HANSHIN“たいせつ”活動
  • 阪急阪神ホールディングス
  • 阪急阪神ホールディングス 株主・投資家の皆様へ