ニュースリリース

【轄辮_コンテンツリンク】
Billboard JAPANとTikTokが注目アーティストをフォーカスする番組『NEXT FIRE』
12月のマンスリーピックアップアーティストは
「なにをやってもうまくいかない」でも話題のmeiyoに決定
生配信スタジオライブは12月3日(金)20時から

2021年11月19日

株式会社阪神コンテンツリンク

 

Billboard JAPANと、ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」による、今話題のアーティストをフォーカスする番組『NEXT FIRE』の12月のマンスリーピックアップアーティストが、2021年9月にメジャーデビューした「meiyo」に決定し、12月3日(金)20時からBillboard JAPAN TikTokアカウントで生配信スタジオライブを行うことが決定しました。

 

『NEXT FIRE』は、Billboard JAPANが公開しているJAPAN Heatseekers Songsのチャートをもとに、TikTok LIVEを用いたアーティストライブの生配信、今話題のアーティストの生声が聞ける収録インタビューを配信するハイブリッドな番組です。12月の配信では、「なにをやってもうまくいかない」をTikTok内で使用した投稿が約4万件を超え、TikTok内急上昇チャートでも1位を獲得したmeiyoが出演。生配信スタジオライブ、そしてインタビュー映像配信を含め、1ヶ月にわたってmeiyoの魅力に迫ります。また、MCは、5人組ガールズ・ユニオン、FAKYのメンバーである「Hina」と、200万人以上のフォロワーを持つTikTokクリエイターの「修一朗」の2人が務めます。

 

Billboard JAPANとTikTokは『NEXT FIRE』を通じて、次世代アーティストの発掘やライブの新体験を創出し、機能やコーナーの拡充に合わせアーティスト支援に繋がる様々な方法を模索してまいります。

配信概要

番組名:『NEXT FIRE』

公開スケジュール:

2021年12月3日(金)20:00〜 meiyo 生配信スタジオライブ

2021年12月17日(金)20:00〜 meiyo インタビュー映像配信

※その他、毎週金曜日にJAPAN Heatseekers SongsチャートをBillboard JAPAN TikTokアカウントで投稿いたします。

※12月17日のインタビュー映像はTikTok LIVEを用いて配信をしますが、生放送ではございません。

※投稿や公開の時間帯は変更する場合がございます。

 

◎視聴プラットフォーム

Billboard JAPAN TikTokアカウント(@billboard_japan)

https://www.tiktok.com/@billboard_japan

 

◎出演者

アーティスト:meiyo

MC:Hina(FAKY)、修一朗

アーティスト・MCのプロフィールは次へ。

 

 

meiyo

 

⽇本の⾳楽家「meiyo」(読み:メイヨー)

2018年に演奏/歌唱/作詞/作編曲を⾏う「ワタナベタカシ」から活動名を「meiyo」(読み:メイヨー)へと改名し、meiyoとしての活動をスタート。

 

ひねくれ過ぎて⼀回転、逆に真っ直ぐな歌詞とどこか懐かしさを感じるメロディライン。

時代に忘れ去られたアイロニカル・パワーポップを発信。

2021年にTikTokアカウントを開設しオリジナル曲「なにやってもうまくいかない」の投稿がバズを⽣み出し、楽曲を使った投稿は約4万件を超えTikTok内急上昇チャートでは1位を獲得するほど話題を⽣み、中毒者が急増中の今注⽬のアーティスト。

 

 

Hina(FAKY)

 

 

京都出身。

 

スタイルもルーツも異なる5人組ガールズユニオン・FAKYのメンバー。

次世代スターの登竜門と言われる恋愛リアリティーショーABEMA「月とオオカミちゃんには騙されない」への出演を機に「No.1モテ女」としてティーンから市民権を獲得。全SNSのフォロワー数は、合計110万人を超える。

 

FAKYとしても、2楽曲連続で、LINE MUSICウィークリーチャートTOP10入りを果たす。

ファッション誌「ViVi」「NYLON JAPAN」「JJ」「Sweet」他、数々のメディアやショーにモデルとして出演、さらに、ルミネエストのストアガールに抜擢されるなど、ティーンのカリスマとしてその存在感を示している。

 

 

修一朗

 

 

TikTokを2020年5月21日にスタートし、現在約200万フォロワーの現役大学生。

 

日本では全く新しい“大学生の日常”を紹介するスタイルの投稿で脚光を浴び、1投稿の平均再生数は150万再生を超えるほどに。さらにTikTok上では「#修一朗」を付け、同じスタイルで投稿するTikTokクリエイターが急増中。

 

TikTokのトレンドを常にキャッチし、日常Vlogのみに限らず現在は検証コンテンツの反響も大きく、また新たなTikTokのムーブメントを発信している。

 

 

■Billboard JAPAN HOT 100とは

Billboard JAPAN HOT 100は、米Billboardのメソッドに則り、ラジオオンエア回数、CDセールス、ストリーミング回数、ダウンロード、ルックアップ(PCへのCD読み込み回数)、Twitter、動画再生、カラオケの計8種類のデータを集計・合算した総合音楽チャートです。Billboard JAPANでは、多様化する音楽マーケットの動向をリアルに反映し、“今、本当に聴かれている音楽”が分かるチャートを発信しています。

 

■JAPAN Heatseekers Songsチャートとは

2020年12月より正式公開された”これからブレイクしそうな楽曲”をランキング化した新チャート。チャートが急上昇している楽曲にフォーカスしており、新たな音楽トレンドの萌芽をいち早く捉えることが可能です。新しいトレンドを生み出すTikTokユーザーと親和性が高いチャートであると考えています。

 

■ホームページ URL

http://www.billboard-japan.com/nextfire/

 

   ※印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル、1,238.58kバイト)。  

  • HANSHIN“たいせつ”活動
  • 阪急阪神ホールディングス
  • 阪急阪神ホールディングス 株主・投資家の皆様へ