ニュースリリース

【六甲山観光梶z
秋を連れてくる“渡り蝶”「アサギマダラ」が
六甲高山植物園に飛来!

2021年9月21日

六甲高山植物園

 

 六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治 阪神電気鉄道株式会社100%出資)が六甲山上で運営を行っている六甲高山植物園では、「アサギマダラ」が姿を現しました。

 アサギマダラは、日本産のチョウの中では唯一、渡りをするチョウとして知られています。本州や南西諸島、山などの長距離を移動し、マーキング調査では直線距離で1,500kmも移動した記録があります。フジバカマの蜜を求めて優美に羽ばたく姿が人気を集めており、多くのお客様が写真を撮って楽しんでいます。

◆お問合せ先

 六甲高山植物園

 TEL:078−891−1247/FAX:078−891−0137/〒657−0101神戸市灘区六甲山町北六甲4512−150

◆営業概要

 【入 園 料 】大人(中学生以上)700円 / 小人(4歳〜小学生)350円

 【開園期間】〜11月23日(火・祝)

 【開園時間】10:00〜17:00(16:30受付終了)

 【駐車料金】平日:500円、土日祝:1,000円

 ※新型コロナウイルス感染症の影響により、営業・イベントの内容を変更・中止する場合があります

 

六甲山ポータルサイト  https://www.rokkosan.com/

 

 ※印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル、280.37kバイト)。  

 

  • HANSHIN“たいせつ”活動
  • 阪急阪神ホールディングス
  • 阪急阪神ホールディングス 株主・投資家の皆様へ