ニュースリリース

【阪神バス梶z
沿線企業の送迎を路線バスで代替
〜地域社会と連携した輸送資源の効率的な活用への新たな取組み〜

2021年6月28日

 

 

阪神バス株式会社

 

  阪神バス株式会社(本社:兵庫県尼崎市、社長:上田 晋也)では、公共交通を維持発展させていくため、自社だけでなく、地域社会と一体となった効率化が必要不可欠と考え、沿線企業と連携した新たな取組みとして、当社沿線において無料送迎バスを運行している尼崎ドライブスクール(アスモ株式会社)(以下、「あまドラ」という。)と連携を図り、「送迎バスによる輸送」を当社の一般路線バスで代替いたします。

  これにより、当社と「あまドラ」が保有する輸送資源を効率的に活用することができ、「持続可能な運送サービスの提供」を目指すものです。

  今回の取組みは、当社では固定収入確保のメリットがあり、「あまドラ」では運行費用の削減や事故リスクの回避に加え、運行範囲拡大による集客力の増強といったメリットがあります。

  更には、「あまドラ」の利用者にとっても、乗車停留所が増え、教習所在籍中は無料で当社路線バス全線をご利用いただくことができるメリットがあり、関係者それぞれにメリットが生まれる取組みとなっています。

  当社は、今後も地域社会と連携し、最適な旅客運送サービスの実現を図ってまいります。

  詳細につきましては、次のとおりです。

 

 提携先

  尼崎ドライブスクール(アスモ株式会社)

 

 実施内容

(1)「あまドラ」への路線延伸

 尼崎市内線の既存3路線(13番、15番、52番)の一部便を、「あまドラ」(停留所名:尼崎ドライブスクール前)まで延伸します。

 これに伴い、「あまドラ」の尼崎市内運行の無料送迎バス6コースのうち、3コースの削減が実現します。

※ 今回新設する15番の延伸路線においては、一部15番から経路を変更しております。

 

(2)路線バスの実質無料利用(「無料」送迎バスの代替性の確保)

 @ フリー乗車券の発行

 「あまドラ」教習生には、当社全線のフリー乗車券(費用は「あまドラ」負担)を発行いたします。

 これにより、「あまドラ」教習生は従前では無料送迎バスの運行ルートに限り無料で利用できたところを、当社線全線を無料で利用できるようになるため、「あまドラ」にとっては、非常に有効な集客ツールとなります。

 

 A バス運賃返金システムの導入

 高齢者向けの1日講習や入所申込時など、単日で「あまドラ」を利用される方に対し、バス運賃を返金するシステムを構築しました。

  「あまドラ」へお越しの方へは、一旦運賃をお支払いいただきますが、バス降車時に乗務員よりQRコード付きの乗車証明書をお渡しいたします。

 この乗車証明書を、「あまドラ」窓口で係員へお渡しいただけば、片道分のバス運賃を現金で返却するとともに、復路用の乗車券を発券いたします。

 このシステムの導入により、当社路線バスを無料送迎バスと同じく、無料でご利用いただくことが可能となります。

 

 開始日

  2021年7月31日(土)

 

以 上

 

※ 印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル、169.06kバイト) 

  • HANSHIN“たいせつ”活動
  • 阪急阪神ホールディングス
  • 阪急阪神ホールディングス 株主・投資家の皆様へ