ニュースリリース

【潟Aールワークス】
アールワークス、エーアイセキュリティラボが提供する
AI と RPA を活用し Webアプリケーションの脆弱性を
だれもが診断できるツール 「AeyeScan」を販売開始

2021年6月1日

 株式会社アールワークス

株式会社エーアイセキュリティラボ

 

 株式会社アールワークス(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:池田 豊、以下「アールワークス」)は、株式会社エーアイセキュリティラボ(本社:東京都江東区 代表取締役社長:青木 歩、以下「Aeye」)と、 Aeyeが提供する自動のWebアプリケーション脆弱性診断ツール「AeyeScan」の販売店契約を締結し、本日より販売開始いたします。

 

 アールワークスは、顧客システムの運用管理を行うマネージドサービスと、システムインフラやアプリケーションの脆弱性診断サービスを提供しています。

 Webアプリケーションの脆弱性診断は、アプリの仕様(JavaScriptで遷移するページやフォームの入力チェックなど)によりセキュリティエンジニアの手動診断が必要となるケースが多く、短期化する開発サイクルに診断スピードが追い付かないことがありました。お客様自身で簡単に診断できるツールへのご要望も多いため、AI と RPA を活用しセキュリティのプロでなくても脆弱性診断ができる 「AeyeScan」 を販売することで、お客様ニーズに対応いたします。

 

■AeyeScanとは

 企業が持つ多数のWebサイトや、SaaS等のWebサービスの脆弱性診断において、対象サイト・サービスの増加、開発サイクルの短期化、リリース回数の増加に伴い、これまでの手動を中心とする診断サービスでは、調整負荷、コストの面で対応が困難なケースが発生してきました。このような課題を解消するため、サイトの運営企業、開発者自身が脆弱性診断を実施する内製化が注目されています。Aeyeが提供する「AeyeScan」は、AIを活用し、誰でもいつでも、簡単に高精度な診断の実施が可能で、内製化を強力に支援するツールです。ホームページのURLを提示いただくだけで、クラウド上の診断サーバから、ホームページに対してセキュリティ診断を実施いたします。診断後、画面遷移図と診断報告書を提供いたします。診断においては、AIがクラウド上のブラウザを操作し、人間のアクセスと同様に巡回・診断することで、広い巡回範囲と、高い検出精度を実現いたします。

 

 AeyeScanとは:https://www.rworks.jp/security/vulnerability/aeyescan/

           【料金】1FQDN  11万円(税込) / 30日 〜

 

<<会社概要>>

株式会社エーアイセキュリティラボ

所在地  :東京都江東区南砂5-8-1日経南砂別館

設立      :2019年4月

資本金    :2,350万円

代表者    :代表取締役社長 青木 歩

URL        :https://www.aeyesec.jp/

「セキュリティエンジニア不足を我々の有する技術力で解決する」を理念に2019年4月に創業。大手システム会社グループで経験を積んだサイバーセキュリティー技術のプロフェッショナル集団。特にWebアプリケーションセキュリティーに深い知識と経験を有するメンバーによるクラウドを活用したセキュリティサービスの開発提供及び各種コンサルティングを提供。

 

株式会社アールワークス

所在地     :東京都新宿区揚場町1-18 飯田橋ビル6F

設立        :2000年10月(創業 1985年3月、株式会社アステック)

資本金     :4億2,540万円

代表者   :代表取締役社長 池田 豊

URL         :https://www.rworks.jp/

1985年に株式会社アステックとして創業、アールワークスとして2001年より24時間365日のシステム運用管理サービスを提供するMSP(Managed Service Provider)、「セキュリティ被害の最小化」「多層防御」「セキュリティインシデント原因の特定と再発防止」をサポートするセキュリティサービスを提供。

 

■ 商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標又は登録商標です。

 

 

※印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル、976.99kバイト)。

  • HANSHIN“たいせつ”活動
  • 阪急阪神ホールディングス
  • 阪急阪神ホールディングス 株主・投資家の皆様へ