ニュースリリース

〜春の高校野球大会期間中、甲子園駅限定〜
3月19日(金)から、大会の入場行進曲「パプリカ」が
甲子園駅の列車接近メロディになります

2021年3月16日

 阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:秦雅夫)では、3月19日(金)から開催予定の第93回選抜高等学校野球大会(主催:毎日新聞社・日本高等学校野球連盟)に合わせ、同日の始発から大会終了日までの間、甲子園駅の列車接近メロディを、大会の入場行進曲であるFoorinの「パプリカ」(作詞・作曲:米津玄師)に変更します。

 なお、甲子園駅列車接近メロディを高校野球大会関連曲に変更するのは、春の大会では、今回が6回目となります(夏の大会では2013〜2019年に実施)。

 列車接近メロディ変更の概要は、次のとおりです。

 

【列車接近メロディ変更の概要】

 

1 内  容  列車接近時に「パプリカ」のサビの部分を約10秒間放送します。

         (注) 当社線の各駅では、「線路は続くよ どこまでも」を接近メロディ(編曲は向谷実氏が担当)に使用しており、

            甲子園駅以外の駅の列車接近メロディは、大会期間中も変更しません。

2 期  間  3月19日(金)始発〜大会終了日(3月31日(水)(予定))の終電

3 場  所  当社「甲子園」駅  

        

以 上 

※ 印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル、341.66kバイト)。