ニュースリリース

本線で最終列車の時刻を繰り上げます
〜3月13日(土)から実施〜

2021年2月12日

 阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:秦雅夫)では、3月13日(土)に、本線の最終列車の時刻を繰り上げるなど、ダイヤを一部変更します。

 近年のライフスタイルの変化に伴い、深夜時間帯の鉄道のご利用は減少が続いており、更に今般の新型コロナウイルス感染症の拡大を契機に、その傾向が顕著になっています。こうした背景を踏まえ、今回のダイヤ変更では、最終列車の時刻の繰上げを行います。

 そして、これにより、線路や電気施設の保守等にかかる夜間の作業時間が、今まで以上に確保できますので、今後ともより安全で安定した鉄道輸送サービスの提供に努めてまいります。

 なお、阪神なんば線、武庫川線及び神戸高速線のダイヤに変更はありません。

 本線のダイヤ変更の概要は、次のとおりです。

 

1 実施日

  2021年3月13日(土)

 

2 主なダイヤの変更点

  平日・土休日ともに最終列車となる「大阪梅田24:30発尼崎行き」、「尼崎24:09発大阪梅田行き※」、「元町24:28発石屋川行き」の3つの普通列車の運転を取りやめることで、それぞれ変更後の最終列車の発車時刻を約10分繰り上げます。

 ※高速神戸(平日23:19、土休日23:20)発大阪梅田行きの列車を尼崎止まりに変更し、尼崎〜大阪梅田間の運転を取りやめます。

 

 

3 最終列車の時刻の繰上げを行う背景について

 (1)ご利用状況について

    深夜時間帯のうち、特に24時以降のご利用については、2021年1月は前年同月に比べて約70%減少しています。こうした状況に対応するため、特にご利用の少ない3つの列車の運転を取りやめます。

 

 (2)夜間作業時間の確保について

    線路や電気施設の保守作業は、最終列車の営業終了後から初発列車までの限られた時間に行う必要があります。現在、同作業が可能な時間は約3時間ですが、今回の終電時刻の繰上げにより、これまで以上に夜間作業の時間を確保することができ、余裕のある作業工程を組むことが可能となり、安全性の向上につながります。

 

 

  

※ 印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル612.54kバイト)。