ニュースリリース

【六甲山観光(株)】
2021年春、六甲山に誕生する
日本最大級のアスレチック施設名称が決定!
監修に大人気動画クリエイター「フィッシャーズ」が参加!

2020年8月3日

 

六甲山観光株式会社

六甲山カンツリーハウス

 六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治 阪神電気鉄道株式会社100%出資)が運営する六甲山カンツリーハウスは、六甲山フィールド・アスレチック及びフォレストアドベンチャー・神戸六甲山を組み込んで1つの新たなアスレチック施設として2021年春にオープンすることを目指してプロジェクトを進めております。

 この度、新施設名称を「六甲山アスレチックパークGREENIA(グリーニア)」とし、同時に、本プロジェクトのアスレチック監修ロゴ・エリアネーミング監修等に大人気動画クリエイターであるフィッシャーズさんが参加することが決定いたしました。

 瀬戸内海国立公園に指定されている六甲山の緑に囲まれた約230,000uのスケールを誇る敷地に、150アクティビティを超えるアスレチックが楽しめる「六甲山アスレチックパークGREENIA(グリーニア)」は、フィッシャーズさんと一緒に、大人から子どもまで楽しめるアスレチックづくりに努めて参ります。

 

■GREENIA(グリーニア)の由来

 自然豊かな六甲山を表す「GREEN」と、国や地域を表すラテン語の接尾辞「IA」を合わせた造語。陸上・空中・

水上に用意された多彩な冒険(アスレチック)をクリアしていく楽しさ・ワクワク感を表現しました。

 

■GREENIA(グリーニア)の3つのポイント

(1)      六甲山カンツリーハウスと六甲山フィールド・アスレチック、フォレストアドベンチャー・神戸六甲山を

         あわせた約230,000uの広大なフィールド

 

(2)      水上・陸上に合計80アクティビティを新設。現在の六甲山フィールド・アスレチックおよび空中の

           フォレストアドベンチャー・神戸六甲山も含め150アクティビティを超えるアスレチックが楽しめる日本

           最大級のアスレチック施設としてオープン

 

(3)      陸上・空中・水上と、アスレチックの種類が豊富になることで、大人の方から小さなお子様まで幅広い

           世代の方が、体力に合わせて遊ぶことが可能

 

 

スポーツマンからダンサー、歌い手、クリエイター、社会人

までそれぞれの個性光る仲良し7人(シルクロード/マサイ/

ンダホ/ぺけたん/ダーマ/ザカオ/モトキ)からなる思い出系

ネットパフォーマンス集団。バラエティ豊かなメンバーが

揃った時の掛け合いが抜群。中学の思い出として動画投稿

をスタートしたのが始まりで、今では多くのファンを持つ

チャンネルに成長した。コメディ、チャレンジなどを、

とりあえずテーマを決めてカメラを回し、あとはアドリブで

動画を作り上げていくという、ライブ感と息ピッタリなメンバー

の関係性が見所なチャンネル。

 

■フィッシャーズ シルクロード 一言コメント

 

「子どものような夢を誰でも楽しめるようなアスレチックにしたいと思います!」

 

■フィッシャーズ監修アスレチックの3つのポイント

(1)      新設するアスレチックのうち、60アクティビティをフィッシャーズが監修。大人から子どもまで何度でも

            楽しめる、面白いアイデア満載のアスレチック

 

(2)      監修するアスレチックは水上・陸上の2種類。国立公園にも選ばれている六甲山の自然豊かな

           エリアを存分に楽しめるアスレチック

 

(3)      「走って、登って、飛んで」はもちろん、「投げて、蹴って?!」普段の外遊びでは出来ないような

           ゲーム性にも富んだアスレチック

 

※新型コロナウィルス感染症対策のため、状況によって本プロジェクト内容に変更の可能性がございます。

予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

※現在、六甲山アスレチックパークGREENIAの工事のため、六甲山カンツリーハウス園内の通路が通りにくく

なっております。お客様にはご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ございませんが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

以  上 

 

※ 印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル401Kバイト)。