ニュースリリース

【六甲高山植物園】
六甲高山植物園 世界中で人気の日本固有種
ユリの女王 ヤマユリが見頃です!

2020年7月28日

  

 六甲山観光株式会社

六甲高山植物園 

 

 六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治 阪神電気鉄道株式会社100%出資)が六甲山上で運営を行っている六甲高山植物園では、ユリの女王「ヤマユリ」が開花しました。

世界のユリの中で最も豪華で華麗なヤマユリは日本だけではなくヨーロッパでも人気が高く、花の黄色い条線から英名で「gold lily(黄金のユリ)」「queen of lily(ユリの女王)」と呼ばれてきました。当園には約250株が点在しており、ゴージャスな見た目と強い芳香が訪れる人の目と鼻を楽しませています。

 

  この度、六甲高山植物園では新しく「高茎草原」をオープンしました。昨冬に東入口付近の約600uのエリアを開墾、新たに園路を造成し、約50種類の花々が咲く夏の高原のお花畑を再現しました。夏に咲く花は草丈が高くなるのが特徴です。この「高茎草原」では、現在ヤマユリやシキンカラマツ、ヤマブキショウマが見頃を迎えており、爽やかな風に揺れる花々を来園者が写真に収めています。今後はオミナエシ、ヤマトリカブトなどが9月頃まで順次開花する予定です。

 

 

以  上

 

※ 印刷をされる方は、こちらからご覧ください(PDFファイル363Kバイト)。