ニュースリリース

NTTドコモと阪神電気鉄道、阪神甲子園球場・阪神タイガースにおける
デジタル分野での協業検討に合意

2020年6月18日

 株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤 和弘、以下「ドコモ」)と阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:秦 雅夫、以下「阪神」)は、阪神が運営する阪神甲子園球場並びに阪神の100%子会社である阪神タイガースにおいて、スポーツ観戦の新たな体験価値の創造と、ファンの更なる拡大を目的として、デジタル分野での協業の検討を進めていくことで合意しました。

 

 これによりドコモと阪神甲子園球場、阪神タイガースは、以下の取り組みを推進していきます。

 (1)先端技術を活用した観戦体験の最大化

 (2)デジタルマーケティングの推進

 (3)デジタルサービスの共同企画・開発

 (4)「d払い®」導入および、dポイントを活用したキャンペーンなどの実施

 (5)動画共有アプリ「MARKERS™」の活用

 

 なお、ドコモは2020年6月18日(木)から新たに阪神タイガースのゴールドパートナーとなりました。

 

 ドコモと阪神甲子園球場、阪神タイガースはプロ野球のさらなる発展を通じて、日本国内のスポーツ産業の持続的成長に貢献してまいります。

 

 

 

 

 

 *「d払い」「MARKERS」は株式会社NTTドコモの商標または登録商標です。

 

 

 

 

※ 印刷をされる方は、こちらからご覧ください(PDFファイル295.44kバイト)。