ニュースリリース

武庫川線で新たなデザインの車両が運行!
2020年5月末に運行開始予定! このほど2編成が完成しました。
〜「野球」にちなんだデザインの車両に置き換わります〜

2020年2月21日

 阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:秦雅夫)では、武庫川線で運行している車両を置き換えることとし、新たなデザインの車両が2020年5月末(予定)に武庫川線で運行を開始します。

 

 今回、投入する車両は、これまで本線及び神戸高速線で各駅停車として運行してきた普通用車両5500系を武庫川線で運行するために改造するとともに、外装及び内装を新たなデザインとしたものです。

 武庫川線は、西宮市内にあり、阪神甲子園球場や鳴尾浜球場が近接していることから、車両の新たなデザインのテーマを「野球」として装飾しています。この度、「阪神タイガース」と「阪神甲子園球場」をテーマにデザインした2編成が完成しました。

 車両デザインの詳細は別紙のとおりです。

 なお、武庫川線での運行開始日及び現在改造工事中の残りの編成のデザインテーマにつきましては、後日お知らせします。

 

 

別 紙

  

1 新たに投入する車両について

 今回投入する車両は、すべて「野球」にちなんだデザインとし、それぞれにテーマを設定しています。全編成に共通するものとして、運行予定の武庫川線の路線図を「武庫川」の文字にアレンジしたシンボルマークを前部と側面に貼り付けています。この度完成した2編成は次のとおりです。

(1)阪神タイガースをモチーフとしたデザインの編成

  @名  称 タイガース号

  A特  徴 外装は、阪神タイガースをイメージさせる「黄色」と「黒色」をベースとし、内装はユニフォームをイメージした壁面デザインとしました。更に、阪神タイガースのシンボルマークを内外装の随所にあしらっています。

 

  

(2)阪神甲子園球場をモチーフとしたデザインの編成

  @名  称 甲子園号

  A特  徴 外装は阪神甲子園球場の蔦、芝、白線をイメージさせる「緑色」と「白色」をベースとし、内装は、床面に阪神甲子園球場の土、マウンド等を、壁面には球場外壁のレンガをイメージしたデザインとしています。

 

  

 

 

 

※ 印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル811Kバイト)。