ニュースリリース

阪神電車×映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」
お忘れ物防止啓発キャンペーンを実施します
〜出演者の構内放送や、映画オリジナルグッズが貰えるスタンプラリーを行います〜

2020年1月24日

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:秦雅夫)は、2月21日(金)から全国東宝系で公開される映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』(監督:中田秀夫 出演:千葉雄大 白石麻衣 他)とタイアップして、「お忘れ物防止啓発キャンペーン」を実施します。

 

映画「スマホを落としただけなのに」は、主人公の恋人がスマートフォンを落としたことをきっかけに命が狙われるというミステリーで、2018年に映画化され、スマホ世代の圧倒的な共感を集めました。今回、その続編が公開されることになり、スマートフォンを落としたことをきっかけに迫りくる恐怖を新たに描いています。

近年、阪神電車においては、携帯電話のお忘れ物件数が増加傾向にあり、2019年には、2018年と比較すると74件増加の1,621件のお忘れ物がありました。今回、映画とタイアップしたお忘れ物防止キャンペーンを実施することで、お忘れ物の削減を目指します。

キャンペーンでは、映画とタイアップしたポスターの展開や、出演者による構内放送、更には映画オリジナルグッズが貰えるスタンプラリーを実施します。

 

キャンペーンの概要は、次のとおりです。

 

 

 

 阪神電車×映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」

お忘れ物防止啓発キャンペーンの概要

 1 出演者による構内放送の実施

  映画に出演する千葉雄大さんと白石麻衣さんによる阪神電車オリジナルの構内放送で、お忘れ物防止啓発を実施します。

(1)期間

 2月1日(土)〜2月29日(土)各日7:00〜19:00(ランダムに放送)

 

(2)実施駅

 阪神電車全駅(大阪難波駅、西代駅を除く。)

 

2 ヘッドマークを掲出した車両を運行

  映画ロゴを配置したヘッドマークを掲出し、車内中吊りをタイアップポスターでジャックした車両を運行します。

(1)期間

 2月5日(水)〜3月3日(火) ※ 期間中、点検などにより運行しない場合があります。

 

(2)使用車両

 8000系 (1編成)

  

 3 トイレ手洗い部の鏡へステッカー掲出

  トイレの個室内などでのお忘れ物を防止するため、トイレの手洗い部の鏡にステッカーを掲出します。

(1)期間

 2月1日(土)〜2月29日(土)(1か月)

 

(2)掲出場所

 大阪梅田、尼崎、甲子園、御影、神戸三宮、新開地 各駅のトイレ手洗い部の鏡(多目的トイレは除く。)

 

4 スタンプラリーの実施

阪神電車各駅でリーフレットを入手し、阪神電車3駅3か所に設置しているスタンプを集めて、尼崎、甲子園、御影のいずれかの駅長室へお持ちいただくと、全駅制覇スタンプを押印し、参加賞として映画オリジナルシールを進呈します。

更に、全駅制覇スタンプが押された応募はがきをお送りいただくと、Wチャンスとして、抽選で映画に出演する千葉雄大さんと白石麻衣さんの直筆サイン入り映画ポスターなどの賞品が当たります。

(1)開催期間

 2月1日(土)〜3月1日(日)※ Wチャンスの応募はがきは、3月6日(金)当日消印有効

 

(2)スタンプ設置場所

 @尼崎駅 改札外 

 A阪神西宮おでかけ案内所

  ※西宮駅改札外 ※平日:10:00〜19:00、土休日:9:00〜17:00

 B御影駅 改札外

 

(3)参加賞の交換及び全駅制覇スタンプ押印場所

 尼崎、甲子園、御影の各駅長室

 

(4)賞品

 参加賞:映画オリジナルシール 

 ※ 先着3,000名様。なくなり次第お渡しを終了します(全駅制覇スタンプの押印のみとなります。)。

   

 Wチャンス賞品

  1等:千葉雄大さん、白石麻衣さん直筆サイン入り映画ポスター(2名様)

  2等:映画公開記念限定版 MAMORIO(10名様)

   ※ スマートフォンにアプリをダウンロードすると、スマートフォンとMAMORIO

   が離れた際に、スマートフォンにその旨を通知するとともに、離れた場所をGPSで  

   確認できるグッズ。“落としたくないもの”と一緒に入れておくことで、大切なものを

   落とすことを防止できる。詳細はこちらをご覧ください。https://mamorio.jp/

 3等:映画ポスター(20名様)

 ※ 当選の発表は、賞品の発送(3月中)をもって代えさせていただきます。

 

(5)参加条件

どなたでも無料でご参加いただけます。ただし、阪神電車の交通費などは、お客さまのご負担となります。    

以 上 

 

<参考> 映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」について

 恋人が落としたスマホをきっかけに命を狙われ、ついには誰にも知られたくなかった過去を暴かれてしまうヒロインを描いたSNSミステリー「スマホを落としただけなのに」。2018年に映画化されるやいなや、スマホ世代の圧倒的な共感を集め邦画実写作品として4週連続1位になるなど社会現象に。誰もが予想しなかった物語の結末に日本中が震撼した“あの”衝撃作が、“まさか”の続編映画化決定!

主演は、恋人にさえ言えない秘密を抱え、IT業界から突然警察に転職した刑事・加賀谷を演じる千葉雄大。加賀谷の恋人で、新たな事件に巻き込まれていくヒロイン・美乃里を演じるのは白石麻衣。殺人鬼に執拗に狙われるその理由とは・・・。そして、加賀谷に逮捕され獄中にいながらも、美乃里に興味を示す“囚われの殺人鬼”・浦野を、前作での怪演が話題を呼んだ成田凌が演じます。メガホンを取るのは、前作に引き続き、名匠・中田秀夫監督。

現代社会で誰にでも起こりうる身近な恐怖を描き、観る者すべての予想を裏切る衝撃のSNSミステリーにご期待ください!

 【作品概要】

 タイトル: 『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』

 出演: 千葉雄大 白石麻衣 

 鈴木拡樹/音尾琢真 江口のりこ 奈緒 飯尾和樹(ずん) 高橋ユウ ko-dai(Sonar Pocket)

 平子祐希(アルコ&ピース) 谷川りさこ アキラ100%・今田美桜(友情出演)/田中哲司

 北川景子(特別出演) 田中圭(特別出演) 原田泰造(特別出演) 成田凌/井浦新

 原作: 志駕晃「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」(宝島社文庫)

 企画プロデュース: 平野隆

 監督: 中田秀夫

 脚本: 大石哲也

 制作プロダクション: ツインズジャパン

 公開時期: 2020年2月21日(金)公開 / 配給:東宝

 コピーライト: ©2020映画「スマホを落としただけなのに2」製作委員会

 公式サイト: http://sumaho-otoshita.jp/

 公式Twitter: @sumaho_otoshita  https://twitter.com/sumaho_otoshita

 

 

 

 

※ 印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル732kバイト)。