ニュースリリース

3月14日(土)
全線のダイヤ改正を実施します!

2020年1月21日

   阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:秦雅夫)では、3月14日(土)の始発から全線のダイヤ改正を実施します。

   今回の改正では、土休日に阪神線内を6両編成で運行している近鉄線直通快速急行を8両編成に増やすほか、平日・土休日の朝・夕時間帯に快速急行の増発、運行区間延長等を行います。

   また、平日朝ラッシュ時間帯に運行している高速神戸発大阪梅田行き普通を御影駅で大阪梅田行き区間特急と接続し、西宮発大阪梅田行き急行2列車を青木始発の区間急行に変更(停車駅:芦屋、西宮、今津、甲子園、鳴尾・武庫川女子大前、武庫川、尼崎、千船、野田、福島)し、神戸方面から大阪梅田方面への利便性向上と混雑率の平準化を図ります。

   なお、全線ダイヤ改正は、2016年3月以来、4年振りの実施です。

   ダイヤ改正の概要は、次のとおりです。

 

【ダイヤ改正の概要】

1 実施日

  2020年3月14日(土)

 

2 主なダイヤ改正点

(1)   土休日ダイヤにおける快速急行の8両編成化

       近鉄線と直通運転している6両編成の快速急行を、土休日は8両編成に増やします(一部列車を除く。)。併せて、連結解

    放作業を取り止めること等により、所要時分を平均4分短縮します。  

        なお、最速の列車は、神戸三宮〜近鉄奈良間の所要時分を79分から76分に3分短縮します。

      ※ 現在、快速急行が停車している芦屋駅は、駅の両端に踏切道があり、現状ではホーム延伸が困難であるため、土休

         日は終日通過とします(平日は従来どおり停車します。)。

 

(2)   快速急行の運行時間帯の拡大

@ 平日

     朝ラッシュに、快速急行を上下1列車増発し、大阪難波方面及び神戸三宮方面への輸送力と速達性を向上させるとともに、混雑率の平準化を図ります。

    また、夜間の神戸三宮発尼崎行き快速急行を大阪難波行きに区間延長することで、催物開催時の大阪難波方面へのアクセス性を向上します(プロ野球がナイター開催されている際の復路輸送時の甲子園駅ホーム上の混雑緩和を図ります。)。 

  A 土休日

      夜間時間帯において、神戸三宮駅・近鉄奈良駅間を直通運行する快速急行の運行時間帯を拡大し、阪神・近鉄両沿線間

    の利便性及び輸送力を向上させるとともに、プロ野球、コンサート等の催物開催時の混雑緩和を図ります。

(3)   一部快速急行の停車駅追加

     平日の昼間時間帯において、快速急行を今津駅にも停車させることにより、利便性向上を図ります(武庫川駅停車と同時

   間帯)。 

 

 (4)   普通と区間特急との接続

     平日の朝ラッシュ時間帯において、上り普通を御影駅で区間特急(7列車)と接続させることにより、乗換利便性を向上させ

  るとともに、同駅ホーム上の混雑緩和等を図ります。

 

(5)   一部急行の運行区間・列車種別の変更

    平日の朝ラッシュ時間帯に運行している西宮駅始発の上り急行2列車を青木駅始発の区間急行(6時42分発、53分発)に

 変更(停車駅:芦屋、西宮、今津、甲子園、鳴尾・武庫川女子大前、武庫川、尼崎、千船、野田、福島)し、青木駅・芦屋駅から

 大阪梅田方面への利便性を向上するとともに混雑率の平準化を図ります。

 

(6)   その他

    平日・土休日の深夜時間帯において、西宮駅・石屋川駅間の普通を1列車増発(下り西宮行普通を石屋川駅まで運転延

 長)することにより、現行12〜21分の運行間隔を10〜15分間隔に短縮します。

 

以 上

※ 印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル627、65kバイト)。