ニュースリリース

BAN−BANネットワークス株式会社の子会社化について

2019年12月18日

 阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:秦雅夫)では、本日、BAN−BANネットワークス株式会社(本社:兵庫県加古川市、社長:古庄恵浩。以下「BAN−BANネットワークス」といいます。)を子会社化しましたので、お知らせします。

 

 当社は、中長期的な成長に向け、持続的な企業価値の向上の一環として情報・通信事業の拡大を長期ビジョンの一つとして掲げ、そのための戦略を推し進めております。

 一方、BAN−BANネットワークスは、兵庫県加古川市、高砂市、稲美町、播磨町を事業エリアとするケーブルテレビ事業会社であり、今後、幹線伝送路の光化(FTTH化)等によるサービス向上や、加入者数の拡大等を目指しています。

 今回の子会社化は、このような状況の下、近接エリアに、株式会社ベイ・コミュニケーションズや姫路ケーブルテレビ株式会社といったケーブルテレビ事業会社を傘下に持つ当社が、BAN−BANネットワークスと連携し、これらの会社のノウハウなどを提供することにより、両社の一層の成長を図ることを目的としています。

 今後とも、両社では、これまで以上に地域に密着した経営を行い、地域の皆さまに対して高品質のサービスの提供を目指すことにより、東播磨地域の更なる発展に尽力してまいります。

 今回の子会社化等の概要は、次のとおりです。

 

1 子会社化したBAN−BANネットワークスの概要

(1)商     号  BAN−BANネットワークス株式会社

(2)本店所在地  兵庫県加古川市加古川町粟津26−2

(3)代表者  代表取締役社長 古庄 恵浩

(4)主な事業内容  ケーブルテレビ事業、電気通信事業及びコミュニティFM事業

(5)事業区域  加古川市、高砂市、加古郡稲美町及び加古郡播磨町

(6)資本金  680百万円

(7)設立年月日  2003年10月

(8)従業員数  59名

(9)発行済株式総数  32,100株

(10) 加入状況(2019年9月現在)

ケーブルテレビ 25,239世帯
インターネット 10,985世帯
電話 15,102世帯

 

2 子会社化の方法

  一部株主から株式を取得するとともに、第三者割当増資の引受けにより、子会社化しました。

 

※ 印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル、300kバイト)。