ニュースリリース

【関西初】カフェロボット「&robot café system」を導入
店長は「おもてなしスキル」を学ぶAI搭載ロボット
エビスタ西宮に「カフェロボット」が11月9日(土)オープン!
〜人手不足を解決する未来のAIカフェ〜

2019年10月29日

阪急阪神不動産株式会社

阪急阪神ビルマネジメント株式会社

 

 阪急阪神不動産株式会社(本社:大阪市北区、社長:若林常夫)と阪急阪神ビルマネジメント株式会社(本社:大阪市北区、社長:出ア弘)では、阪神西宮駅の高架下及び同駅に隣接する商業施設「エビスタ西宮(西宮市)」内のフードホール「STREET KITCHEN(末尾参照)」で、最先端のAIテクノロジーを用いた最新業態の    カフェ『カフェロボット』を、2019年11月9日(土)から、約3か月の期間限定でオープンいたします。

 

 『カフェロボット』では、カフェ内に人の姿はなく、ロボットの店長が本格的なコーヒーを含む各種ドリンクを提供いたします。ロボットの店長はコーヒーを淹れるだけではなく、話して、踊って、勉強して(※)、精一杯お客さまをおもてなしいたします。

 ※ AIがお客さまの表情や反応を元に適切な接客パターンを学習することでロボットの接客スキルを向上させます。

 

 

 「エビスタ西宮」は2018年10月29日(月)に大規模増床リニューアルを行い、日常生活を楽しく豊かにするデイリーエンタテインメントフロアとして、集客の核となるフードホール「STREET KITCHEN」を導入しました。誰もが気軽に立ち寄れ、カフェ・バル使いから本格的なディナー利用まで様々な利用シーンに対応するフードホールに最新業態のカフェ『カフェロボット』をオープンすることで、トレンド感やエンターテイメント性の高いサービスの提供と感度の高いお客さまへのアプローチを目指します。

 『カフェロボット』の概要は、次のとおりです。

 

カフェロボットの概要

 

 

1 名  称:Cave de Terreエビスタ西宮店「カフェロボット」

2 時  期:2019年11月9日(土)〜 約3か月間

3 場  所:「エビスタ西宮」STREET KITCHEN内 (西宮市田中町1番6号(西宮駅直結))

4 営業時間:11:00〜22:30

5 主なメニュー:ドリップコーヒー、カフェラテ、カフェモカなど(価格:280円〜320円(税込み))

6 「&robot café system」の特長:

@ ロボットが集客のうえ、接客し、ドリンクを作ってお客さまに提供します。

A ロボットは、お客さまの年齢、性別、表情を認識し接客します。更に、接客後のお客さまの反応や表情も認識し復習することで、目配り・気配り・心配りを学習しながら日々成長します。

 

◆QBIT Roboticsリリース記事 https://www.qbit-robotics.jp/topics/20191029_001

 

※ 「カフェロボット」は、株式会社QBIT Robotics(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:中野浩也)が開発し、同社がUCCグループと共同して実現したもので、関西初の導入となります。なお、店舗の運営は、有限会社トロワイグレック ラテールグループ(本社:西宮市、社長:山本俊)が、阪急阪神ビルマネジメントから業務を受託して行います。

 

 

(参考)フードホール詳細 

新しいタイプのフード集積業態

「STREET KITCHEN」について

 

 「STREET KITCHEN」は、飲食店と食物販店との垣根を取り払い、「人気レストランの料理を手軽に家庭でも味わいたい」、「人気食物販店の商品をその場で味わいたい」というニーズに応える新しいフード集積業態です。

 例えば人気回転寿司店を展開する「大起水産」は寿司・鮮魚料理の新業態店を、こだわりのワイン・グロサリーショップを展開する「Cave de Terre」では、ワイン・グロサリーの販売とワインで煮込んだカレーを提供しております。

 

 また、今回UCCグループの協力を得て、現在の日本における最新のカフェマシンとコーヒー豆「Largo=ラルゴ」を採用し、心を潤す最高の1杯をロボットが提供するという試みを行います。

 

◆規模                   

・面積:約300坪

・席数:専用席 約120席 共用席 約260席 合 計 約380席

 

◆利用シーン

 気軽に利用できるファストフードからこだわりグルメまで10業種を揃え、カフェ・バル使いから本格的なディナー利用まで、また、西宮駅の利用者、周辺施設の利用者、周辺企業の就業者等、学生〜年配のお客さままで、様々なシーン、幅広いお客さまにお楽しみいただけます。

 

◆演出

 ストリートに見立てたメイン通路に面して各店舗が軒を連ねる、ヨーロッパのマーケットのような空間構成。

 また「girasole RICCO」が薪窯のピッツァを焼く等の調理工程を見せるなど、魅せる商品陳列を展開することによりライブ感を演出し、街ナカにいるような賑わいを醸し出します。

  

◆デザイン

 全面ガラス張りでロフトのように天井が高く開放的な空間に、木目を基調とした素材感のある内装を施し、各所にフォトジェニックなグラフィックを配したお洒落な空間となっています。

以  上

 

※ 印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル、1.26Mバイト)。