ニュースリリース

甲子園歴史館 10月26日(土)から特別展を開催
「夏の高校野球101回大会 振り返り展示」

2019年10月25日

 

 

 

 

 

 阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:秦雅夫)が運営する甲子園歴史館では、10月26日(土)から、特別展「夏の高校野球101回大会 振り返り展示」を開催します。

 

 今回の特別展では、8月6日(火)から8月22日(木)まで、阪神甲子園球場で開催された第101回全国高等学校野球選手権大会の足跡を、パネルや貴重な展示品と共に振り返ります。

 印象的な試合を写真やパネルで紹介するとともに、初の全国制覇を成し遂げた「履正社高校」や、令和初のタイブレークを戦った「星稜高校」と「智弁和歌山高校」の選手たちゆかりの品々を展示します。

 加えて、今大会で令和初の本塁打を放った「八戸学院光星高校・下山選手」、史上6人目となるサイクル安打を記録した「敦賀気比高校・杉田選手」など、数々の記録を達成した選手たちの品々も展示します。

 特別展の概要については、次のとおりです。

 

「夏の高校野球101回大会 振り返り展示」の概要

 

【主な展示内容】 ◎パネル展示   

・101回大会トーナメント表、アラカルト

・印象的な試合の紹介 

◎展示品

・履正社 井上選手 バット

・星稜 奥川選手 グローブ

・星稜 福本選手 令和初のタイブレークで放った際の決勝本塁打ボール

・八戸学院光星 下山選手 令和初の本塁打を放った際の本塁打ボール

・敦賀気比 杉田選手 サイクル安打達成時のバット

・智弁和歌山 東妻選手 キャッチャーミット             

                                        ほか

※展示内容は変更する場合があります。

 

【開催期間】   10月26日(土)から12月1日(日)まで

 

【開催場所】   甲子園歴史館内「企画展示コーナー」

 

【入場料】   甲子園歴史館入館料に含まれます(別途料金は不要)。

                              

 

※写真提供:朝日新聞社

 

甲子園歴史館営業のご案内

<営業時間> 11月〜2月:午前10時〜午後5時(3月から10月は午前10時〜午後6時)

※入館は閉館時間の30分前まで

※催物の開催等により変更する場合があります。

<休館日>   月曜日(試合開催日、祝日を除く。)

年末年始休館(2019年12月26日(木)から2020年1月3日(金)まで(予定))

館内メンテナンス休館(2020年2月3日(月)から2020年2月10日(月)まで(予定))

※その他、急遽閉館となる場合あり

<入館料> おとな600円、こども300円(いずれも税込み)

<場所> 阪神甲子園球場 外周16号門横 

◎ お問合せ     0798-49-4509(営業時間と同じ。)

◎ ホームページ https://koshien-rekishikan.hanshin.co.jp/

 

以 上

 

※ 印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル、366kバイト)。