ニュースリリース

【六甲山観光梶z六甲高山植物園の晩秋を彩る
「原種シクラメンとダイヤモンドリリー展」初開催!

2019年8月2日

六甲山観光株式会社

六甲高山植物園

 六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治 阪神電気鉄道株式会社100%出資)が六甲山上で運営を行っている六甲高山植物園では、10月1日(火)〜11月24日(日)の期間「原種シクラメンとダイヤモンドリリー展」を開催します。

 園芸植物としてよく知られる「シクラメン」の原種と、花弁がキラキラと輝くことからダイヤモンドリリーと呼ばれる「ネリネ」はどちらも当園の秋を彩る人気の植物です。この企画展では、シクラメンの原種「シクラメン・ヘデリフォリウム」約500株の群落のほか、原種シクラメンとネリネの鉢植えとネリネ切り花を多数展示いたします。また、花の苗の販売も行います。

 

■原種シクラメンとダイヤモンドリリー展

【期間】 10月1日(火)〜11月24日(日)

【内容】 @500株のシクラメン・ヘデリフォリウムの植栽展示

     Aネリネの鉢展示

     Bネリネの切り花展示

     C原種シクラメンとネリネの苗販売

【協力】 横山園芸

 

◆シクラメン(サクラソウ科)

 園芸植物としておなじみのシクラメンの仲間は、地中海沿岸に接する低い山岳地帯に自生しています。花が咲いた後、花茎がくるくると巻くことにちなみ、ギリシャ語で「円」をあらわす「kiklos」から名付けられました。ただし、この特徴は原種にのみ見られ、園芸種で目にすることはありません。

 

◆ネリネ(ヒガンバナ科)

南アフリカ原産の多年草で、約23種が分布しています。

花弁に光が当たると金属光沢のように輝くので、別名ダイヤモンドリリーとも呼ばれています。開花の期間が長く、切り花にしても花もちが良いので、花束やアレンジメントにも使われます。