ニュースリリース

【六甲山観光梶z
六甲高山植物園 世界中で人気の日本固有種
ユリの女王 ヤマユリが見頃です!

2019年7月29日

六甲山観光株式会社

六甲高山植物園

 六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治 阪神電気鉄道株式会社100%出資)が六甲山上で運営を行っている六甲高山植物園では、ユリの女王「ヤマユリ」が開花しました。

 世界のユリの中で最も豪華で華麗なヤマユリは日本だけではなくヨーロッパでも人気が高く花の黄色い条線から英名で「gold lily(黄金のユリ)」「queen of lily(ユリの女王)」と呼ばれてきました。当園には約200株が点在しており、ゴージャスな見た目と強い芳香が訪れる人の目と鼻を楽しませています。

 

 

◆ヤマユリ(ユリ科)

 近畿地方以北の本州の山地、丘陵の日当たりのよい斜面に生える多年草です。高さは1〜2mで、花の大きさは直径約23cmにもなる大型のユリです。日本の固有種ですが、欧米で品種改良の親となり、カサブランカなどの名花が生まれました。日本では、「料理百合」とも呼ばれ、苦みのない鱗茎は古くから食用にされています。

 当園のヤマユリは例年通り7月下旬から咲き始め、見頃は8月上旬までの見込みです。