ニュースリリース

神戸三宮駅1番線と3番線における可動式ホーム柵の設置について

2019年6月11日

 

  阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:秦雅夫)では、駅ホームからの転落事故等を防止する対策として、神戸三宮駅の1番線と3番線に可動式ホーム柵を設置することになりましたのでお知らせします。

 2021年春頃までの完成に向けて工事を進めてまいりますので、工事期間中は大変ご不便をおかけしますが、皆さまのご理解とご協力をお願いします。

 

 概要は以下のとおりです。

 

 

1.設置箇所

  本線 神戸三宮駅(神戸市中央区小野柄通8丁目1番8号)

   1番線ホーム(梅田方面ゆき)

   3番線ホーム(元町方面ゆき)

                          

   

(注)2番線は、阪神の車両と近鉄の車両が停車し、各々の扉位置が一定ではなく現時点では可動式ホーム柵の設置が技術的に困難であるため、今後も設置に向けた検討を継続していきます。

  

2.可動式ホーム柵の内容

  可動式ホーム柵の種別 : 大開口(二重引き戸)型

  (注)一部の範囲は従来(一重引き戸)型も設置

  可動扉部       : 一部透過型

 

  

3.設置時期

  2021年春頃までに完成予定

 

 

※ 印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル、168kバイト)。