ニュースリリース

【轄辮_コンテンツリンク】2019年上半期チャート発表!
総合ソング・チャート1位は、米津玄師「Lemon」
総合アルバム・チャート1位は、星野源『POP VIRUS』
トップ・アーティストは、あいみょんが受賞

2019年6月7日

 

 

 プロメテウスグローバルメディア社(本社所在地:ニューヨーク)のグループである「米国ビルボード」及び「ビルボードジャパン」(日本におけるBillboardブランドのマスターライセンスを保有する株式会社阪神コンテンツリンク)は、2019年総合上半期チャートの受賞楽曲・アーティストを発表致します。(集計期間:2018年11月26日〜2019年5月26日)

 

 2019年上半期の総合ソング・チャート【Billboard JAPAN Hot 100】は、米津玄師「Lemon」が2018年上半期と年間に続き、総合首位を獲得しました。本楽曲の今年度上半期の総合ポイントは2018年度上半期を上回っており、Billboard JAPAN史上初となる2年連続HOT100首位に期待がかかる結果となりました。そして2位はあいみょんの「マリーゴールド」、3位はDA PUMP「U.S.A.」が獲得しました。

 

 総合アルバム・チャート【Billboard JAPAN Hot Albums】は、星野源の『POP VIRUS』が首位を獲得しました。本作は初週で281,039枚という好スタートを切った後、メディア露出も後押しし年明け以降もロングセールスを記録。ダウンロードとルックアップ(PC等によるCD読み取り数)でそれぞれ1位となり、総合アルバム・チャートを制しました。続く2位はONE OK ROCK『Eye of the Storm』、3位は乃木坂46『今が思い出になるまで』が獲得しました。

 

 そして【Billboard JAPAN Top Artists】は、あいみょんが獲得。あいみょんは、【JAPAN Hot 100】で100位中8曲、【JAPAN Hot Albums】では3タイトルがチャートインという存在感を示し、総合ソング・チャートと総合アルバム・チャートのポイントを合算したアーティスト・ランキングで自身初の首位を獲得しました。

 

 その他、今年の上半期を語る上で欠かせないポイントとして、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の大ヒットによる、クイーンのリバイバル・ヒットが挙げられるでしょう。クイーンは、デジタルとフィジカルの両領域でシェアを広げており、国境と世代を超えたムーヴメントを巻き起こしました。今年の下半期には、どんなヒット曲が生まれるのか引き続きBillboard JAPANチャートにご注目ください。

 

 各チャートの順位およびアーティストからのコメントは、以下をご覧ください。

 

<総合ソング・チャート>

全国推定売上枚数、ダウンロード回数、ラジオ放送回数、ルックアップ数、ツイート数、ストリーミング数、YouTubeおよびGYAO!の動画再生回数、カラオケ歌唱回数を元にした独自ポイントを合算した米国でもBillboard音楽チャートの中心となる総合ソング・チャート

 

上半期1位楽曲:「Lemon」  アーティスト:米津玄師

 

順位 曲名 アーティスト名

 Lemon

 米津玄師

 マリーゴールド

 あいみょん

 U.S.A.

 DA PUMP

 今夜このまま

 あいみょん

 Flamingo

 米津玄師

 黒い羊

 欅坂46

 HAPPY BIRTHDAY

 back number

 キュン

 日向坂46

 帰り道は遠回りしたくなる

 乃木坂46

10

 君はロックを聴かない

 あいみょん

 

米津玄師   Billboard JAPAN HOT100 2019年上半期 1位コメント

とっくの昔に自分の想像を飛び越えた曲になっていましたが、一体どこまでいくんだろうか、と興味深く感じています。自分の曲という意識はもうほとんどありません。末長くみんなに愛される曲になっていってほしいです。

米津玄師

 

 

<総合アニメソング・チャート>

Billboard JAPAN Hot 100からアニメTV/映画のタイアップ楽曲と、アニメ声優による楽曲を抽出したアニメソング・チャート

 

上半期1位楽曲:「Blizzard」  アーティスト:三浦大知

 

順位 曲名 アーティスト名

 Blizzard

 三浦大知

 ハルノヒ

 あいみょん

 打上花火

 DAOKO × 米津玄師

 I beg you

 Aimer(エメ)

 ピースサイン

 米津玄師

 THE GIFT

 平井大

 Touch off

 UVERworld

 BLUE SAPPHIRE

 HIROOMI TOSAKA

 ADAMAS

 LiSA

10

 僕らの走ってきた道は…

 Aqours

 

 

<ストリーミング・ソング・チャート>

ストリーミング数を集計した楽曲チャート

 

上半期1位楽曲:「マリーゴールド」  アーティスト:あいみょん

 

順位 曲名 アーティスト名
 1  マリーゴールド  あいみょん
 2  今夜このまま  あいみょん
 3  君はロックを聴かない  あいみょん
 4  愛を伝えたいだとか  あいみょん

 白日  King Gnu
 6  Stand Out Fit In  ONE OK ROCK
 7  U.S.A.  DA PUMP
 8  YES or YES  TWICE

 シェイプ・オブ・ユー  エド・シーラン
 10  アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)  MISIA

 

 

<ダウンロード・ソング・チャート>

ダウンロード数を集計した楽曲チャート

 

上半期1位楽曲:「Lemon」  アーティスト:米津玄師

 

順位 曲名 アーティスト名

Lemon

米津玄師

HAPPY BIRTHDAY

back number

Flamingo

米津玄師

マリーゴールド

あいみょん

プロローグ

Uru

オールドファッション

back number

パプリカ

Foorin

I beg you

Aimer(エメ)

白日

King Gnu

10

アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)

MISIA

 

 

<ダウンロード・アルバム・チャート>

ダウンロード数を集計したアルバム・チャート

 

上半期1位タイトル:『POP VIRUS』  アーティスト:星野源

 

順位 タイトル名 アーティスト名

POP VIRUS

星野源

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

クイーン

Eye of the Storm

ONE OK ROCK

瞬間的シックスセンス

あいみょん

BOOTLEG

米津玄師

MAGIC

back number

クイーン・ジュエルズ

クイーン

ANTI ANTI GENERATION

RADWIMPS

ALL TIME BEST 1998-2018

コブクロ

10

グレイテスト・ヒッツ

クイーン

 

 

◆ビルボードジャパンチャートとは?

米Billboardのメソッドに則り、ラジオオンエア回数、CDセールス、ストリーミング回数、ダウンロード、Twitter、動画再生、カラオケなど8種類のデータを集計・合算した総合音楽チャートです。多様化する音楽マーケットの動向をリアルに反映し、“今、本当に聴かれている音楽”が分かるチャートを発信しています。

http://www.billboard-japan.com/charts/

 

 

ビルボードジャパンではチャートをより詳しく知るためのチャート・インサイトを掲載しています。気になる曲のCD売上やダウンロード、ストリーミング、Twitterなどを指標ごとに分かりやすくグラフで表示し、並び替えや楽曲どうしを比較して、さらに詳しく調べることができます。会員以外のお客様は毎週のチャートの1位から20位まで、有料会員様は1位から100位までをご覧いただけます。

http://www.billboard-japan.com/chart_insight/

 

※ 印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル、173Kバイト)。