ニュースリリース

阪神なんば線開業10周年記念
阪神電車初の街歩き謎解きゲーム「7人の乗客の奇妙な1日」
最終章・大阪編が4月20日からスタート!

2019年4月19日

 

 

 阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:秦雅夫)では、阪神なんば線開業10周年に伴う記念企画の一環として、阪神電車では初となる街歩き謎解きゲーム「7人の乗客の奇妙な1日」を開催していますが、4月20日(土)から第3弾、最終章となる大阪編の販売を開始します。

 

 無料版の序章編は、配布開始後3か月で約3,300名、有料版の神戸編は1か月で約1,000名の方々にご参加いただき、「無料とは思えないボリュームとクオリティ」、「簡単過ぎず、難し過ぎず、とてもよく作り込まれている」、「続編も楽しみ」など、大変ご好評をいただいています。

 

 この街歩き謎解きゲーム「7人の乗客の奇妙な1日」は、参加者が阪神電車に乗って、LINEで登場人物と会話をしながら各駅周辺に仕掛けられた謎を解き、ゴールを目指す体感型ゲームイベントです。       

 序章編、神戸編、大阪編の3部構成で、三つのストーリーは、それぞれ単独でも楽しんでいただけますが、3部作全ての謎を解いた方には特別な結末を用意しています。

 

                       

 序章編は各駅のリーフレットラックに設置し、誰でも無料でお楽しみいただけます。また、神戸編及び今回販売を開始する大阪編は、オリジナルデザインの1日乗車券が付いた「謎解きキット」を各駅長室でご購入いただく必要があります。 

 更に、この3部作全ての謎を解いた方の中から抽選で50名様に、素敵なプレゼントが当たるキャンペーンを実施します。

 参加される皆さまには、阪神沿線各地の様々な魅力を盛り込んだオリジナルストーリーや謎を読み解きながら駅周辺を巡ることで、普段とは違った視点で街歩きを楽しんでいただけます。

 

 街歩き謎解きゲーム「7人の乗客の奇妙な1日」の概要は次のとおりです。

 

 

 

 

 【街歩き謎解きゲーム「7人の乗客の奇妙な1日」の概要】

 

1 名 称 

 「7人の乗客の奇妙な1日」

 

2 期 間 

 序章編「奇妙な1日のはじまり」1月16日(水)〜9月30日(月)

 神戸編「黒猫と失われた銘酒の謎」3月20日(水)〜9月30日(月)

 大阪編「時空を超えた7人の記憶」4月20日(土)〜9月30日(月)

 ※ 「謎解きキット」の販売期間及び有効期間も上記のとおりです。

 

3 料 金 

 序章編 無料(交通費は全てお客さまご負担)

 神戸編・大阪編 各2,000円(税込み・オリジナル1日乗車券付き)

 

4 設置・販売場所 

 序章編 駅のリーフレットラック

 神戸編・大阪編 阪神電車各駅長室(梅田、尼崎、甲子園、御影、神戸三宮、新開地)

 ※ 配布・販売数には限りがあり、なくなり次第終了します。

 

5 プレゼントキャンペーンの実施

 大阪編の販売開始に伴い、抽選で50名様に素敵なプレゼントが当たるキャンペーンを実施します。

 @ 応募期間:

   4月20日(土)〜9月30日(月)

 A 賞品:

   カップル賞…パティスリーベルン 焼き菓子詰合せ20名様

   酒蔵職人賞…白鶴 純米大吟醸 翔雲(720ml)10名様

   野球少年賞…阪神電車グッズ詰合せ15名様

   カメラマン賞…阪神なんば線開業10周年記念グッズ詰合せ(非売品)5名様

 B 応募資格:

   序章編、神戸編、大阪編の3部作全ての謎を解いた方

             

 

※ 詳細は、WEBページからご確認ください。URL https://www.team-zepet.com/

※ 未成年の方は、保護者の同意を得たうえでご参加・ご応募ください。

※ 街歩き謎解きゲームへの参加にはQRコードが読取り可能で、WEBにアクセスできるスマートフォンが必要です。また、LINEアプリを使用する必要がありますので、事前に取得してください。

※ WEBへのアクセスなどにより発生する通信費は、お客さまのご負担となります。

※ ゲームクリアまでの標準的な所要時間は、序章編が2〜3時間程度、神戸編・大阪編が各編4〜5時間程度です。 

 

以 上

 

※ 印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル、660.9kバイト)。