ニュースリリース

尼崎市で「HELLO CYCLING」を活用したシェアサイクルの実証実験を開始
〜 シェアサイクルの有用性、課題検証に加え、“鉄道交通機関と連携した二次交通インフラ”の拡充を目指します 〜

2018年11月30日

株式会社阪神ステーションネット

シナネンサイクル株式会社

OpenStreet株式会社

 

 

 

 

 阪神電気鉄道株式会社のグループ会社である株式会社阪神ステーションネット(本社:大阪市福島区、代表取締役社長:鳥居 祐典、以下「阪神ステーションネット」)、シナネンサイクル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 正人、以下「シナネンサイクル」)及びOpenStreet株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:横井 晃、以下「OpenStreet」)は、3社が構成する共同事業体で、尼崎市において実施する「尼崎市コミュニティサイクル実証実験」 の採択事業者として、シェアサイクルの実証実験を2018年12月1日(土)より尼崎市及び兵庫県と共同で実施します。本実証実験では、OpenStreetが提供するシェアサイクルプラットフォーム「HELLO CYCLING」の自転車と駐輪場(「ステーション」)を設置いたします。

 

 本実証実験は、尼崎市における新たな交通サービスとして、シェアサイクルの有用性や課題の検証を目的とするものです。尼崎市及び兵庫県は公共用地の提供を行い、自転車や「ステーション」等の設備整備や運営を共同事業体が行います。

 

 また、尼崎市及び兵庫県が提供する用地だけでなく、「HELLO CYCLING」のパートナー企業(コンビニ等)が提供する用地の「ステーション」とも連携して、「ステーション」の密度を高め、シェアサイクルの利用状況の分析、事業の効果や採算性の検証、本格導入に向けた課題の整理を行います。

 

■本実証実験の概要

1.期間:2018 年12月1日〜2020年3月(予定)

2.エリア:尼崎市全域

3.「ステーション」設置箇所数 :

 既存の「ステーション」が 5箇所(兵庫県内13箇所)(2018年11月30日現在)

 尼崎市及び兵庫県提供用地:7箇所の用地を対象に順次拡大予定

 ※2018年12月1日設置箇所 武庫之荘駅前南口自転車駐車場、JR立花駅北自転車駐車場、阪神武庫川駅自転車駐車場、尼崎スポーツの森、阪急塚口駅南暫定自転車駐車場、尼崎市役所本庁舎、中央公園(計7箇所)

 ※既存の導入自転車台数は約20台(2018 年 11月30日現在)。

 今後、利用状況を踏まえながら390 台以上を目標に順次拡大予定。

4.サービスの利用料金 60 円/15 分(最大 1,000 円/24 時間)

 ※地域及び運営事業者によって料金が異なる場合がございます。

5.備考:補助金や委託料など、尼崎市及び兵庫県における費用負担はありません。

 

  

■本実証実験の特徴

 本実証実験では、東西に横断する鉄道交通機関と連携し、南北の移動手段としてのインフラ設計を行い、尼崎市の二次交通の更なる拡充を図ります。阪神ステーションネットは、阪神電気鉄道沿線の住民・来訪者の移動の利便性を高めるとともに、放置自転車対策に取り組み、住みやすく快適な街づくりに貢献できるよう、2017年12月より「HELLO CYCLING」を活用したシェアサイクル事業を既に展開しています。

 

■「HELLO CYCLING」について

 OpenStreetの提供するシェアサイクルプラットフォーム「HELLO CYCLING」を活用したシェアサイクルサービスの利用者は、「ステーション」の検索から自転車の利用予約、決済までの一連の手続きをスマートフォンやパソコンで簡単に行うことができます。また、「ステーション」であればどこでも自転車を返却することができます。「HELLO CYCLING」の詳細はこちら(https://www.hellocycling.jp/)をご覧ください。

 

■ステーションイメージ(阪神電車尼崎駅南口ステーション)

 

 

 

【株式会社阪神ステーションネット】

 阪神電気鉄道株式会社の都市交通セグメントに属する会社で、阪神電車利用者の利便性向上を図る各種サービスを提供しています。その一つとして駅前での駐輪場及びレンタサイクルサービスの運営を行っており、昨年から電動アシスト自転車によるシェアサイクルシステムを導入したことで、さらなるサービス向上を目指しています。

 

【シナネンサイクル株式会社】

 シナネンホールディングス株式会社の100%子会社として自転車の卸売り及び全国40店舗の小売店「ダイシャリン」を55年に渡り展開しています。2016年11月よりソフトバンクグループのOpenStreetと提携し、シェアサイクルプラットフォーム「HELLO CYCLING」を活用してシェアサイクル用自転車の供給を行っています。また多様な業種と提携し、2018年11月末時点で、首都圏を中心に約700箇所、2,000台のシェアサイクル事業を展開しています。

 

【OpenStreet株式会社】

 ヤフー株式会社の子会社であるZコーポレーション株式会社とソフトバンク株式会社が出資する企業で、シェアサイクルプラットフォーム「HELLO CYCLING」を提供しています。電車やバスなどを下車した後の「ラストワンマイル」の移動を支える補助交通として、各地域に根差したシェアサイクルを発展させることを目的としています。

 

 

 

● SoftBank及びソフトバンクの名称、ロゴは、日本国及びその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。

●その他、記載されている会社名及び製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

 

 

 

※ 詳細は、こちらをご覧ください(PDFファイル、230.9kバイト)。