ニュースリリース

【六甲山観光梶z兵庫県政150周年記念事業/六甲ミーツ・アート芸術散歩2018
初の産官学連携プロジェクトが始動
記念碑台(六甲山ビジターセンター)が新会場に追加

2018年7月27日

六甲山観光株式会社

兵庫県神戸県民センター

大阪市立デザイン教育研究所

 阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市社長:秦雅夫)とそのグループ会社である六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治)は、現代アートの展覧会「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018」を2018年9月8日(土)から11月25日(日)に開催します。

 「六甲ミーツ・アート芸術散歩」は、六甲山の土地柄や景観を生かした現代アート作品を通じ、ピクニック気分で六甲山上を周遊しながら、11施設に点在する約37組のアーティストの現代アート作品をお楽しみいただけます。

 この度、六甲山の開祖と称されるイギリス人A・H・グルーム氏の記念碑が立てられた高台である記念碑台を初めて本展の会場に追加いたしました。同会場では立体造形アーティストとして活躍している佐川好弘氏の作品展示を予定しており、漫画の吹き出しを模した言葉の立体造形作品をはじめ、公募アーティストの触って楽しめる体験型の作品も鑑賞できます。

 また本展では記念碑台で六甲山の賑わい創出の拠点である六甲山ビジターセンターを運営する兵庫県と、大阪市立デザイン教育研究所の学生と弊社の三者で、初となる産官学連携プロジェクトに取り組みます。

 産官学連携プロジェクトでは学生による、子どもから大人まで楽しめるオリジナルレインコートを作るワークショップの開催をはじめ、webページを通して六甲山の魅力を楽しむ事ができるコンテンツなどの企画を進めています。

 弊社では記念碑台会場を追加することによりアート作品を通して新たな会場の魅力を感じていただき、六甲山上全体の活性化に繋げていきたいと思っています。

 

◆産官学連携プロジェクト実施の経緯

 「六甲山ビジターセンター」は登山客や観光客、山上で活動する団体などの交流拠点としての機能を強化し、2018年5月13日にリニューアルオープンしました。自然や観光資源など、様々な六甲山の魅力を発信し、リニューアルを機にこの場所をさらに多くの人に知ってもらいたいと考えています。この度六甲ミーツ・アート芸術散歩2018のイベントに絡め、大阪市立デザイン教育研究所の学生がデザイン・マーケティングの授業の一環で記念碑台エリアの活性化プロジェクトに取り組むことになりました。このプロジェクトは兵庫県政150周年記念事業として産官学で実施します。

 

◆記念碑台(六甲山ビジターセンター)会場について

【会場名】記念碑台(六甲山ビジターセンター)

【展示日時】9月8日(土)〜11月25日(日)

        平日9時30分〜15時/土日祝9時30分〜16時

【入場料】無料

【出展アーティスト】黒川くろかわ岳がく、佐川さがわ

 4月〜9月の約5ヶ月間、現地視察などを行い記念碑台におけるエリアデザインを提案します。

 

◆産官学連携プロジェクトの概要(大阪市立デザイン教育研究所)

@ワークショップ

 「アートなレインコートづくり-ARTを身にまとう」

 絵の具やスタンプを使って山には必須のオリジナルレインコートを作るワークショップです。大人・子どもサイズをご用意しています。

【日程】10月8日(月・祝)、21日(日)、11月4日(日)

【時間】11:00〜17:00(最終受付16:30)

【参加費】1人500円

Aヴァーチャルweb ツアー六甲山「レッツ la ROKKO !」

 山上でのオモシロ体験を見る事ができるweb上の体験ツアープログラム。

 学生が作ったスマホサイトで各施設やイベント情報を友達言葉で解説します。

Bのぼれ記念碑台

 学生たちがアイデアを持ち寄り、記念碑台エリアの入り口にサインを設置。

ひょうきんな案内板とピンク色の階段が登場します。

 

◆大阪市立デザイン教育研究所とは

1923年に大阪市は「大阪市立工芸学校」を設立。エレクトロニクスを中心とした技術の著しい進展により、高等学校の造形教育の一貫性や継続性を維持しつつ、デザインと造形教育をさらに深く充実させるための専門学校(2 年制)として1988年には「大阪市立デザイン教育研究所」を開設。2005年以降は産・官と共同で行うプロジェクト学習のプログラム授業に力を入れており、クリエイティブ関連企業への就職率は90%を超えています。

 

◆記念碑台(六甲山ビジターセンター)出展作品の紹介

アーティスト名:黒川(くろかわ)岳(がく)

<経歴>

 1994年島根県生まれ。

 京都市立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修士課程修了。

 

捉え難いものを捉えようとする試みの中で、音や風、水、生物など様々な対象と自身の身体を直接的に関わらせながら、素材との関係性が「触れる」という感覚に置き換わるときに生まれる物のかたちや所作を表現している。近年はダンスやパフォーマンス、音楽作品等への出演も行う。

 

アーティスト名:佐川(さがわ)好弘(たかひろ)

<経歴>

 1983年大阪府生まれ。

 2005年大阪芸術大学短期大学部立体造形専攻科修了。

 

感情やコミュニケーションにまつわる、現象や装置の様な作品を、立体造形、パフォーマンスなど、技法や素材を限定せずに発表する。伝えるなど、何らかのツールとして文字を作品に取り入れる事が多い。