ニュースリリース

見て楽しいトリックアート作品で、地下街を活性化
「メトロこうべ」の地下通路に、トリックアート作品が登場!

2016年3月25日

神戸高速興業株式会社

神戸高速鉄道株式会社

阪神電気鉄道株式会社

 

  神戸高速興業株式会社(本社:神戸市中央区、社長:松浦厚)、神戸高速鉄道株式会社(本社:神戸市中央区、社長:佐々木浩)及び阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:藤原崇起)では、これまで高速神戸駅・新開地駅間の地下街「メトロこうべ」の活性化の検討を行ってきましたが、その一環として、3月30日(水)から「メトロこうべ」の地下通路の壁面に、トリックアート作品3点を設置します。

  これは「メトロこうべ」の地下通路をご利用の皆さまに、気軽にアートを楽しんでいただけるよう、神戸を中心とした懐かしいイラストで定評のある、地元神戸市のデザイン事務所『もふもふ堂』による風景画をトリックアートにアレンジした作品で、市電が走っていた頃の昭和の神戸  三宮・新開地の様子をテーマとしています。

  3者では、今後も引き続き「メトロこうべ」の活性化に向けて、継続的に検討を行ってまいります。

  トリックアート作品設置の概要は、次のとおりです。

 

○ トリックアート作品の設置について

 1 設置場所

   メトロこうべ地下通路内壁面

    阪神電鉄神戸高速線新開地駅 東改札口より地下通路東方約50m

    

 2 設 置 日  2016年3月30日(水)

    以  上

 

※ 印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル、235.7kバイト)。