ニュースリリース

阪神本線住吉・芦屋間連続立体交差事業
魚崎駅〜芦屋駅間下り線を高架に切替え
〜2015年12月12日始発から〜

2015年11月10日

 阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:藤原崇起)では、神戸市の都市計画事業である「阪神本線住吉・芦屋間連続立体交差事業」について、神戸市とともに1991年度から事業に取り組んでおり、このうち、魚崎駅から西側の住吉駅までの区間につきましては2005年8月に工事を完了しました。また、魚崎駅から東側の芦屋市境までの間につきましては、2006年11月に工事に着手し、仮線路の切替えを経て、下り線の高架工事を進めてきました。

 この度、工事の進捗に伴い、2015年12月12日(土)の始発列車から、魚崎駅〜芦屋駅間の下り線(神戸三宮方面行き)を、高架線路に切り替えて運行を開始します。

 今回の切替えにより、11か所の踏切の遮断時間が短縮され、道路の交通渋滞が緩和されるとともに、列車運行の安全性も一層向上します。

 更に、新しく下りホームが高架になる青木駅及び深江駅には、ホームに通じるエレベーター・エスカレーターを新設します。

 なお、同切替え後は、現在の仮下り線路の撤去工事を行い、上り線高架工事に着手します。

 切替えの概要は、次のとおりです。

 

◆高架下り線路への切替えの概要◆

1 日  時  2015年12月12日(土)始発から

2 区  間  魚崎駅から芦屋市境の間(約3.2km)

 

(参考)阪神本線住吉・芦屋間連続立体交差事業のあらまし

1 概要

 阪神本線住吉・芦屋間連続立体交差事業は、阪神電鉄の住吉駅から芦屋市境までの約4kmの区間を連続的に高架化し、交差道路や側道の整備を行い、踏切の解消と都市環境の改善を図るため、都市計画事業として進めています。

(1) 事業区間  :住吉駅東方〜芦屋市境 約4.0km

(2) 高架になる駅  :2駅(青木駅・深江駅)

(3) 除去する踏切 :11箇所

(4) 整備する道路 :交差道路 33路線(魚崎幹線、青木幹線、深江幹線など)

              側  道   3路線(阪神沿北側線など)

2  事業の経過

1983年 9月   都市計画決定

1992年 3月   都市計画事業認可

2005年 8月   住吉駅〜魚崎駅間の工事完了

2006年11月   魚崎駅〜芦屋市境工事着手

2009年 4月   仮上り線路切替え

2010年10月   仮下り線路切替え

2015年12月   下り線高架切替え

2019年度     上り線高架切替え(予定)

         以  上

 

 

 

 

 

 

※ 印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル、587kバイト)。