イベント情報

特別展「和(なごみ)のガラス―くらしを彩ったびいどろ、ぎやまん」

会場神戸市立博物館
最寄駅 神戸三宮 元町
特別展「和(なごみ)のガラス―くらしを彩ったびいどろ、ぎやまん」 手彫り薩摩切子青緑色被(さつまきりこあおみどりいろき)せガラス蓋物 神戸市立博物館(びいどろ史料庫コレクション)

“びいどろ”や“ぎやまん”と呼ばれていた江戸時代のガラス。その柔らかな色合いや、ゆがみなどがある自然な造形には、素朴さや穏やかさを感じられ、見るものを和ませる。本展では、江戸時代から明治時代の人々のくらしを彩った160点にもおよぶ作品を展示。また、文献資料を読み解き、当時の人々がどのようにガラスを味わい、楽しんでいたのかを明らかにする。

開催日 2020/10/3 〜 11/23
時間10:00〜18:00(金曜は〜20:00、土曜は〜21:00)※入場は閉館の30分前まで ※月曜休<11/23は開館>
料金当日:一般1,000 円、大学生500円、高校生以下無料 ※一般以外要証明の場合あり
アクセス神戸三宮・元町駅→徒歩約10分
住所神戸市中央区京町24
お問合せ078-391-0035
備考