沿線の活性化に向けて−

だれもが「住んでよかった」「働いてよかった」
「訪れてよかった」と実感できる街へ。
阪神電鉄の新たな取組みを紹介します。