“たいせつ”がギュッと。

鉄道事業

鉄道事業

愛され続ける「みなさまの足」として、安全・便利・快適な輸送サービスを提供します。

本線・阪神なんば線(西九条〜大阪難波間は第2種鉄道事業)・武庫川線・神戸高速線(第2種鉄道事業)の4路線を51駅(他社との共同使用駅2駅を含む。)・48.9kmで営業しています。特急・急行・快速急行など9種類の列車を組み合わせたきめ細かいダイヤを編成するとともに、山陽電気鉄道(株)と梅田・山陽姫路間、近畿日本鉄道(株)と神戸三宮・近鉄奈良間で相互直通運転を行っています。
さらに、路線の立体化を鋭意推進するなど、すべてのお客様が、安全に便利で快適に、利用しやすい鉄道を目指しています。

トピックス

現在、踏切の立体交差化による交通渋滞の緩和と列車運行の安全性向上を目指し、本線住吉〜芦屋間と本線甲子園〜武庫川間で高架化工事に取り組んでおり、両工事が完了すれば本線の立体化率は95%となります。
さらに大規模な駅改良工事として甲子園駅改良工事を進めています。

本線住吉〜芦屋間連続立体交差化工事

神戸市の都市計画事業として平成21(2009)年4月に魚崎〜芦屋間の仮上り線への切替え、平成22(2010)年10月には仮下り線への切替えを実施し、現在は高架橋構築工事を施工しています。本工事によって11か所の踏切道が除去され、青木駅・深江駅は高架駅として整備されます。(事業期間:平成4(1992)年3月〜平成31(2019)年度)

本線甲子園〜武庫川間連続立体交差化工事

兵庫県の都市計画事業として平成23(2011)年7月に仮上り線への切替え、平成24(2012)年10月に仮下り線への切替えを実施し、平成28(2016)年度末には高架線への切替えが完了する予定です。本工事によって6か所の踏切道が除去され、鳴尾駅は高架駅として整備されます。(事業期間:平成15(2003)年度〜平成30(2018)年度)

甲子園駅改良工事

甲子園駅改良工事バリアフリー化、催物開催時の混雑緩和等を目的として、抜本的な駅改良を行うため、国土交通省の鉄道駅総合改善事業費補助の適用を受け、平成23(2011)年11月に工事着手しました。 本工事では、ホームを拡幅し、エレベーターを整備するとともに、駅舎を改築してコンコースを拡張することで、快適で使いやすい駅にリニューアルします。また、ホーム中央付近に大屋根を設けます。 平成28(2016)年度完成予定です。