ニュースリリース

【六甲山観光梶z六甲高山植物園 85周年記念
クリンソウの湿生区がリニューアル!

2017年12月20日

六甲高山植物園

 

  阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市 社長:秦雅夫)のグループ会社である六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治)が、六甲山上で運営を行っている「六甲高山植物園」は2018年に開園85周年を迎えます。それを記念し、当園の初夏の目玉であるクリンソウが咲く湿生区を3月のシーズオープンに合わせてリニューアルする運びとなりました。

  約300uの同エリアは5月中旬から下旬にかけて一年で最も美しい時期を迎え、幾段にも重なるピンク色の花々が一面に咲き誇ります。今回のリニューアルでは、斜面を掘削することで観賞エリアを広げ、株数を約1,000株増やし6,000株の群落となるほか、散策や写真撮影を楽しむことができる木道橋を新設することによって、より安全・快適にクリンソウの大群落を楽しんで頂ける事を目指しております。また、工事の様子は定点カメラで撮影し、当園のホームページやSNSで随時発信してまいります。

 

◆クリンソウ (サクラソウ科)

  谷間のほとりや山地の湿地に生える多年草で、日本に産するサクラソウ属の中では最大のものです。1本の花茎に2cm前後の花を輪状に付け、さらにこの輪が何段にも咲きあがっていく姿が仏塔の九輪を思わせるところから「クリンソウ」という和名が付けられています。兵庫県では年々自生地が少なくなっており、兵庫県の絶滅危惧植物に指定されています。当園に咲くクリンソウは、例年5月中旬から6月上旬頃までお楽しみいただけます。