ニュースリリース

〜「西宮酒ぐらルネサンスと食フェア」協賛事業〜
『阪神西宮まつり2017』を開催します

2017年10月4日

 

 

 阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:秦雅夫)では、10月7日(土)・8日(日)に、現在、大規模増床工事に着手している阪神西宮駅の商業施設「エビスタ西宮」の1階入口付近の「エビスタスクエア」で、「西宮酒ぐらルネサンスと食フェア(※)」の協賛事業として『阪神西宮まつり2017』を開催します。これは、西宮の優良な文化資産である「酒」文化を広くPRし、多くの方に西宮エリアを回遊いただくことで、西宮の活性化につなげたいという思いから実施するもので、今年で12回目の開催です。

 『阪神西宮まつり2017』では、例年好評の落語寄席や、日本酒の豆知識を紹介する「日本酒クイズ」、酒造り唄の披露、菰樽(こもだる)作りの実演などを行います。また、縁日コーナーを設置するなど、ご家族そろって楽しんでいただける内容としています。

 当社では、西宮郷を初めとした「灘五郷」のPR及びこれによる一層の需要の促進を図るため、灘五郷酒造組合、神戸市及び西宮市と共同で、10月1日から『「灘の酒蔵」活性化プロジェクト』を展開しています。 

 今後も、これらの地域と連携した各種の取組みを通じて、沿線の活性化に貢献していきます。

 『阪神西宮まつり 2017』の概要は、次のとおりです。

 

(※)「西宮酒ぐらルネサンスと食フェア」

 西宮神社(最寄り:阪神西宮駅)をメイン会場とし、各種イベントやブース出店を行うほか、「白鷹禄水苑」、「白鹿酒ミュージアム」、「日本盛酒蔵通り煉瓦館」及び「大関甘辛の関寿庵」をサテライト会場とし、酒蔵を巡りながら地元の銘酒を味わうことで、西宮の「酒」文化をより身近に感じてもらうイベントで、毎年秋に開催されています。なお、主催は西宮商工会議所などです。

 

 

 

 

 

 

  

 

〜「西宮酒ぐらルネサンスと食フェア」協賛事業〜

『阪神西宮まつり 2017』の概要

 

1 日 時  

10月7日(土)13時〜19時

    8日(日)10時〜18時

※ 両日とも雨天決行(一部、内容を変更する場合があります。)

 

2 場 所  

阪神西宮駅1階 「エビスタスクエア」

 

3 内 容  

@ イベントゾーン

 ●落語寄席 

  7日:露の都(13時30分〜)、笑福亭 由(ゆう)瓶(へい)(17時〜)

  8日:大川亭さくら※アマチュア落語家(13時30分〜)、桂 坊枝(17時〜)

 ●新酒番船パレード

  両日:15時50分〜

 ●日本酒クイズ、日本酒及び利き酒に関するミニ講座

  7日:16時〜

  8日:15時10分〜

 ●菰(こも)樽(だる)作り 

  両日:14時30分〜

 ●酒造り唄 

  7日:15時〜

 ●音楽ライブ 

  8日:12時30分〜、16時10分〜

 

A 体験ゾーン(両日開催)

 ●ヨーヨーつり、スーパーボールすくい等の縁日コーナー(有料)

 ●えべっさんパネル写真撮影コーナー

 

4 主催者等 

主 催: 阪神電気鉄道株式会社

後 援: 西宮観光協会

協 力: 西宮酒ぐらルネサンスと食フェア実行委員会、西宮神社、西宮中央商店街振興組合

 

以 上

 

 

 ※ 印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル、298.2kバイト)。