ニュースリリース

阪神あんしんサービス「ミマモルメ」
導入校数1,000校を突破!
〜10月1日から、新会社で新たなスタートを切ります〜

2017年9月26日

 

 

 阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:秦雅夫)が、2011年4月から新規事業として展開してきた阪神あんしんサービス「登下校 ミマモルメ(※1)」は、これまで関西地区を中心に、18都府県の小・中・高等学校に導入するなど、順調に事業を拡大してきました。

 この結果、「登下校 ミマモルメ」に加え、その技術を応用して街全体を見守る「まちなかミマモルメ」を含めた阪神あんしんサービス「ミマモルメ」の導入校数は1,000校(「登下校 ミマモルメ」(※2)の導入校数は約980校)を超え、更に、保育園などに導入している「登降園ミマモルメ」も含めたICタグ利用者数は20万人を突破しました。

 これを機に、当社が新たに設立した株式会社ミマモルメ(本社:大阪市福島区、社長:溝渕貴)に、10月1日をもって本事業を移管のうえ、新会社での営業を開始し、引き続き更なる事業の展開を図っていきます。

 

※1「登下校 ミマモルメ」は、児童の校門通過情報を保護者の方にメール送信するサービスで、無事に登校したことを確認できる安心感や、帰宅の時間が予測できる利便性が保護者の方から大変好評を得ているサービスです。

※2阪神あんしんサービスには、「登下校ミマモルメ」、「まちなかミマモルメ」、「登降園ミマモルメ」のほか、「ミマモルメ GPS」があります。

  「ミマモルメ GPS」は位置情報を探索することができるサービスで、児童・高齢者向けの見守りサービスとして22の自治体に展開しており、約8,000名の方にご利用いただいています。

 

○ 株式会社ミマモルメの概要

1 本    社  

  大阪市福島区福島3丁目14番24号

2 資  本  金   

  1億円(当社100%出資)

3 設    立  

  2017年 8月8日(火)

4 営業開始日  

  2017年10月1日(日)

5 代  表  者  

  代表取締役・社長 溝渕 貴

6 事業内容  

  あんしん事業(ミマモルメ)・教育事業(プログラボ)(※)

※ 2016年4月から読売テレビグループと共同で展開しているロボット・プログラミング教室「プログラボ」(直営教室12校、フランチャイズ1校を展開)につきましても、2017年10月1日をもって潟~マモルメに事業を移管します。

7 利用者からのお問合せ先(2017年10月1日以降)

  06−6734−6900

以 上

 

 

 ※印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル、537.5kバイト)。