ニュースリリース

「オープン型宅配ロッカー」を新たに3駅に設置(計7駅に設置)
〜お客さまへのサービス向上に加え、再配達問題の解消にも貢献します〜

2017年8月17日

阪神電気鉄道株式会社

株式会社阪神ステーションネット

株式会社エキ・リテール・サービス阪急阪神

 

 阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:秦雅夫)、株式会社阪神ステーションネット(本社:大阪市福島区、社長:小林幹彦)及び株式会社エキ・リテール・サービス阪急阪神(本社:大阪市北区、社長:中野雅文)では、昨年9月から、「オープン型宅配ロッカー(※)」を通じた荷物の受取りサービスを開始しています(西宮駅、芦屋駅、大石駅、西灘駅に設置)が、導入後、利用件数が増加していることから、8月18日(金)から、同ロッカーを新たに3駅に設置します。これにより、当社では合計7駅に設置することになります。

 今回設置する駅は、魚崎、石屋川、千鳥橋の各駅で、阪神電車をご利用の方や沿線にお住まいの方の利便性の一層の向上を目指すとともに、社会問題となっている荷物の再配達問題の解消にも貢献するものです。なお、今後もご利用状況等を踏まえ、設置駅の拡大を検討していきます。

 3社では引き続き、駅の快適性と利便性の向上を図ることで、沿線の皆さまにとって、住みやすい街づくりに取り組んでまいります。

 

※「オープン型宅配ロッカー」

 ヤマト運輸株式会社とフランスのネオポスト社が合弁で設立したPackcity(パックシティ)Japan(ジャパン)株式会社が提供し、ヤマト運輸株式会社の個人会員(クロネコメンバーズ)を対象として、ご自宅で荷物を受け取ることができない際に、宅配ロッカーを指定し、荷物の受取りにご利用いただけるサービスです。

 

 概要は次のとおりです。

 

  

【新たに設置する「オープン型宅配ロッカー」の概要】

 

1 サービス開始日

2017年8月18日(金) 魚崎駅、石屋川駅、千鳥橋駅

 

2  設置駅、設置するロッカーのサイズ等

設置駅

設置場所

設置ロッカー

魚崎駅

改札外 北側

屋内型 3列仕様 1台

石屋川駅

改札外 北側

屋外型 3列仕様 1台

千鳥橋駅

改札外 南側

屋外型 4列仕様 1台

 ※  ロッカーの仕様について

屋内型 3列仕様

Sサイズ(高さ 85o、横幅440o、奥行610o) 10口

Mサイズ(高さ180o、横幅440o、奥行610o)14口

Lサイズ(高さ370o、横幅440o、奥行610o)  4口

屋外型 3列仕様

Sサイズ(高さ 85o、横幅440o、奥行610o)  8口

Mサイズ(高さ180o、横幅440o、奥行610o)10口

Lサイズ(高さ370o、横幅440o、奥行610o)  2口

屋外型 4列仕様

Sサイズ(高さ  85o、横幅440o、奥行610o) 12口

Mサイズ(高さ180o、横幅440o、奥行610o)15口

Lサイズ(高さ370o、横幅440o、奥行610o)  3口

 

3 サービスの対象

ヤマト運輸株式会社の個人会員(クロネコメンバーズ)

※今後、利用可能宅配会社を順次追加していく予定です。

 

4 利用時間

  24時間ご利用可能

 

 

以 上 

 

※ 印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル、152.6kバイト)。