“たいせつ”がギュッと。

ニュースリリース

六甲山夏イチゴ 今季初収穫!
〜7月22日(土)から摘み取り体験スタート〜

2017年7月14日

六甲山観光株式会社

六甲山カンツリーハウス

 

  阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市 社長:秦雅夫)のグループ会社である、六甲山観光株式会社(本社: 神戸市 社長:宮西幸治)が運営する六甲山カンツリーハウスでは、隣接する約4,600uの遊休地を活用した、「夏イチゴ」の摘み取り体験を主とする体験型観光農園「六甲山の体験農園」を7月22日(土)に シーズンオープンします。

  当体験農園では、六甲山の冷涼な気候を利用して関西では珍しい夏イチゴ「品種:夏実(なつみ)」を栽培しており、7月22日(土)から「イチゴの摘み取り体験」および、「イチゴの摘み取り&ピザ作り体験」を実施します。 また、ピーマン、なす、ししとう等の野菜の収穫も体験していただけます。

 

『六甲山の体験農園』体験プログラム概要

@イチゴの摘み取り体験

  イチゴを摘み取り、その場で食べられます。実際に、イチゴを栽培しているところが見られるため、お子様の食育にもおすすめです。

【期間】

   7月22日(土)〜9月下旬(予定)

【時間】

  @11:00〜(受付開始10:45)

  A13:00〜(受付開始12:45)

【料金】

   1,200円(15粒)

【定員】

  平日:各回10名

  土日祝:各回15名

【予約受付】

  予約受付は、 webサイト(http://www.rokkosan.com/country/)で行っています。

  ※実施日及び受付数は、イチゴの生育状況を見ながら、期間中に随時設定し、webサイトに掲載します。

 

Aイチゴの摘み取り&ピザ作体験

  摘みたての新鮮なイチゴを使用した本格ピザ作りを体験できます。ピザ窯で焼き上げて、外はカリカリ、中はモチモチのデザートピザを作ります。ご家族やグループでも参加できます。

【期間】

   7月22日(土)〜9月下旬(予定)

   ※土日祝のみ開催

【時間】

  @11:00〜(受付開始10:45)

  A13:00〜(受付開始12:45)

【料金】

   3,000円(摘み取り体験30粒付)

【定員】

  各回4組 (1組4名まで)

【予約受付】

   予約受付は、 webサイト(http://www.rokkosan.com/country/)で行っています。

  ※実施日及び受付数は、イチゴの生育状況を見ながら、期間中に随時設定し、サイトに掲載します。

 

B野菜の収穫体験

  六甲山の体験農園で栽培している、様々な野菜の収穫を体験できます。収穫した野菜はすべて持ち帰っていただけます。

【期間】

  7月22日(土)〜

【時間】

   14:00〜16:00

【品種】

   ピーマン、なす、ししとう、枝豆等

【料 金】

   1袋詰め放題 1,000円

【予約受付】

  予約受付は、webサイト(http://www.rokkosan.com/country/)で行っています。

  ※実施日及び受付数は、野菜の生育状況を見ながら、期間中に随時設定し、webサイトに掲載します。

 

概要

名称:

  六甲山の体験農園

所在地:

   神戸市灘区六甲山町北六甲4512−98(六甲山カンツリーハウス内)

面積:

  約4 ,600u

施設:

  イチゴ栽培用ビニールハウス2棟(7.2m×20m・2連棟)及び、畑(約400u)

栽培品目:

  イチゴ(夏実 約2,000株)、野菜 (ピーマン、なす、ししとう等)

特徴

@夏採りイチゴとは

  6月〜11月にかけて収穫・出荷されるイチゴを指します。生産量は、冬春採りイチゴに比べると少なく、夏の暑さと乾燥を嫌うため北海道などの夏季冷涼な地域で多く栽培されています。標高約850mに位置する六甲山カンツリーハウスでは冷涼な気候を利用し、夏イチゴの「夏実」の栽培を行っています。夏実は、ほかのイチゴに比べ固さがあり、香りがよく、形が綺麗なのが特徴です。

 

A手軽にアウトドアクッキング

  六甲山カンツリーハウス内には、石窯やかまどなどの設備があり、手作りピザ教室やバーベキュー場などで利用しています。この設備を使い、秋には芋掘りと焼き芋の体験イベントなどを予定しています。