“たいせつ”がギュッと。

ニュースリリース

簡易型ホテル事業への参画について
〜「URBAN RETREAT(都市の隠れ家)」をコンセプトに、
男女別専用フロアを設けた、当社直営の1号ホテルを、大阪福島に今秋開業〜

2017年1月10日

  阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:藤原崇起)では、簡易型ホテル(※)事業に参画することとし、今秋を目途に、大阪市福島区の阪神本線福島駅から徒歩約1分の好立地(旧線路跡地、現在は駐車場)において、第1号となる当社直営のホテル「ファーストキャビン阪神西梅田(仮称)」を開業します(着工は今月を予定)。

※ 今回の計画は、旅館業法上の簡易宿所営業に該当します。

 

  本事業への参画については、全国で8施設を展開(1月1日現在。今春には12施設に拡大予定)している株式会社ファーストキャビン(本社:東京都千代田区、社長:来海忠男)と提携して実施するもので、国内外から関西へ訪れる観光客が増加する中、大阪を中心として、現在課題となっている宿泊施設の不足に対応しようとするものです。

 

  今回、新たに開業するホテルは、「URBAN RETREAT(都市の隠れ家)」をコンセプトとし、「ファーストキャビン」ブランドとしては、大阪キタで初の出店となります。今回開業するホテルでは、既存の「ファーストキャビン」施設同様、男女別専用のエリア(1階は女性専用フロア、2階は男性専用フロア)を設けることで、女性のお客さまにも気軽にご利用していただけるようにしているほか、夜間はバーとなるカフェも併設するなど、よりデザイン性の高い、スタイリッシュでラグジュアリーな空間づくりを目指しており、若年層を中心として、ビジネス客だけでなく、観光客の利用も見込んでいます。

 

  今後は、 本事業拡大に向け、他社物件も含めた駐車場やビル等の施設を活用しながら、沿線内外での多施設展開を図っていく予定です。

 

 当社では、鉄道事業を初めとした事業に加え、「登下校ミマモルメ」、「はんしんいきいきデイサービス」、ロボットプログラミング教育事業を初めとして、新規事業の創出に取り組んでおり、これらを通じて、沿線価値の更なる向上と沿線の活性化を図っています。

  「ファーストキャビン阪神西梅田(仮称)」の概要は、次のとおりです。

 

 

<「ファーストキャビン阪神西梅田(仮称)」の概要>

 

1 事業主体

  当社(フランチャイズ方式による運営。フランチャイザーは潟tァーストキャビン)

2 名称

  ファーストキャビン阪神西梅田(仮称)

3 所 在 地

  大阪市福島区福島5丁目41−4(地番)

4 延床面積

  約1,500u

5 客室数等

 ・全室シングル147室(女性用55室、男性用92室)

 ・ファーストクラスキャビン(幅2.1m×奥行2.1m×高さ2.1m):43室

  ビジネスクラスキャビン(幅1.2m×奥行2.1m×高さ2.1m):104室

 

<参考> 株式会社ファーストキャビンの概要

1 本店所在地

 東京都千代田区紀尾井町3−12 紀尾井町ビル15階

2 設立

 2006年7月

3 資本金

 390百万円

4 代表者

 来海 忠男

5 主要株主

 株式会社プランテックアソシエイツ

6 事業内容

 ファーストキャビン事業、ホテルコンサルティング事業等

7 施設

 御堂筋難波、京都烏丸、羽田ターミナル1、秋葉原、築地、愛宕山、赤坂、博多、日本橋よこやま町(本年2月開業予定)、東京・京橋(本年4月開業予定)、 関西空港(本年3月開業予定)、長崎(本年4月開業予定)

以  上

※ 印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル、430.9kバイト)。