ニュースリリース

甲子園歴史館 特別展開催のお知らせ
「台湾プロ野球 特別展示」を6月16日(火)から開催

2020年6月15日

 阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:秦雅夫)が運営する甲子園歴史館では、6月16日(火)から、「台湾プロ野球  特別展示」を開催します。

 今回の特別展では、CPBL(台湾プロ野球連盟)協力のもと、蔡英文台湾総統の直筆メッセージボール並びに呉志揚 CPBLコミッショナーの直筆サインボール、台湾代表、CPBL加盟5チームのユニフォームを展示いたします。

 今回の展示については、今まで台湾プロ野球界から「台湾デー」のご協力、及びシーズン開幕時に富邦ガーディアンズが、本拠地・新北市立新荘棒球場に甲子園歴史館のロゴマークを無償掲載して頂いたお礼として、CPBLを通じてユニフォーム展示を依頼したところ、台湾政府をはじめ各チームのご協力のもと、「今後も野球を通じた日台のつながりを大切にしていきたい」と、今回の特別展が実現しました。蔡英文台湾総統から日本の野球ファンへ「台湾・日本一起加油」(台湾・日本一緒に頑張りましょう)とのメッセージを頂戴しております。

 「台湾プロ野球 特別展示」の概要は、次のとおりです。

 

「台湾プロ野球 特別展示」の概要

 

【 企  画  協  力 】 台湾政府、CPBL(台湾プロ野球連盟)

【主な展示内容】 (展示内容を変更する場合があります。)

           ・メッセージボール                  【蔡英文 台湾総統】

           ・サインボール                    【呉志揚 CPBLコミッショナー】

           ・台湾代表ユニフォーム             

           ・富邦ガーディアンズユニフォーム    【洪一中監督※台湾代表監督兼務】

           ・中信兄弟ユニフォーム                    【林威助2軍監督※元阪神タイガース】

           ・楽天モンキーズユニフォーム          【朱育賢選手※昨年リーグMVP選手】

           ・統一ライオンズユニフォーム            【潘威倫選手※CPBL歴代最多勝投手】

           ・味全ドラゴンズユニフォーム            【蕭一傑投手コーチ※元阪神タイガース】

                      

 

 

【開催期間】   6月16日(火)から7月19日(日)まで(予定)

 

【開催場所】   甲子園歴史館内「甲子園ヒストリーコーナー」

 

【入場料】   甲子園歴史館入館料に含まれます(別途料金は不要)。

 

◆セ・パ12球団ファンクラブ会員証での割引◆

   セ・パ12球団のファンクラブ会員証をご提示いただくと、入館料が100円割引となります。

  (入館料)

   おとな600円→500円、こども300円→200円

   ※有料会員のお客さまが対象 (ご本人さまのみ割引)

 

甲子園歴史館営業のご案内

 <営業時間> 午前10時〜午後6時

        ※入館は閉館時間の30分前まで

        ※催物の開催等により変更する場合があります。

 <休館日>   月曜日(祝日を除く。)

         ※その他、館内メンテナンス等により閉館となる場合があります。

 <入館料> おとな600円、こども300円

 <場   所> 阪神甲子園球場 外周16号門横 

   ◎ お問合せ    0798−49−4509(受付時間は営業時間と同じ。)

   ◎ ホームページ https://www.koshien-rekishikan.com

 

 

※ 印刷をされる方は、こちらからご覧ください(PDFファイル431.81kバイト)。