ニュースリリース

【六甲山観光梶z
光に包まれた屋外カフェが期間限定で登場
“”Summer Lighting Night Cafe“”
8月10日(土)から六甲ガーデンテラスで開催!

2019年7月30日

六甲山観光株式会社

六甲ガーデンテラス

自然体感展望台 六甲枝垂れ

 六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治 阪神電気鉄道株式会社100%出資)が六甲山上で運営する「六甲ガーデンテラス」では、夏の夜を楽しんでいただけるイベント「Summer Lighting Night Cafe」を8月10日(土)から開催します。同イベントは、9月13日(金)から始まる現代アートの展覧会「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」の先行展示イベントとして、照明デザイナー伏見雅之氏の演出により、エリア内の「見晴らしの塔」と周辺に設置した屋外カフェエリアを幻想的な音色と連動させたライティングを行います。「グラニットカフェ」の期間限定テイクアウトメニューと併せてお楽しみいただけます。

 また、エリア内の「自然体感展望台 六甲枝垂れ」では「六甲山光のアートLightscape in Rokko」を開催しており、神戸・六甲山から望む1000万ドルの夜景とともに、季節の移ろいを感じる幻想的な光を演出します。

 市街地から約5℃気温が低い避暑地六甲山で、煌めく「光」に囲まれた真夏の夜の至福のひとときをお楽しみください。

 

◆Summer Lighting Night Cafe 開催概要◆

エリア内の「見晴らしの塔」と、特設カフェエリアのパラソルを幻想的な音色に合わせて連動してライティングします。

落ち着いた雰囲気の中、限定のテイクアウトメニューをお楽しみいただけます。市街地よりも約5℃ほど低い六甲山上で、1000万ドルの夜景や移り変わるライティングに包まれて、夏の夜を満喫して頂けるコンテンツが盛りだくさんです。

【開催日時】 8月10日(土)〜9月1日(日)の土日 および8月12日(月・休)〜15日(木)

 19:00〜21:00(20:45L.O) ※雨天中止

 ※ライティングは8月10日(土)から毎日開催

 ※テイクアウト営業時のカフェエリアは、テイクアウトメニュー購入者のみ利用可

【場 所】 六甲ガーデンテラス内 見晴らしの塔前広場

【入 場 料】 無料

 

演出作家:伏見雅之 プロフィール

光を通して日常空間や都市空間を彩り、生活を豊かにする表現のツールとして活動しています。2010年、2011年、2012年、2017年、2018年、2019年の六甲ミーツ・アート 芸術散歩招待アーティストです。

 

◆六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019 先行展示◆

「Summer Lighting Night Cafe」での「見晴らしの塔&パラソルライティング」は、9月13日(金)から始まる「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」の先行展示作品として、8月10日(土)から9月1日(日)まで期間限定で公開します。同じく8月10日(土)からは、六甲ケーブル六甲山上駅隣接の「TENRAN CAFE」にて、植松琢麿氏による作品「big horn sheep-palette」も鑑賞いただけます。

 

≪植松琢麿 「big horn sheep-palette」≫

【鑑賞日時】 8月10日(土)〜11月24日(日)

【日〜金】11:00〜20:30(L.O 食事19:30 喫茶20:00)

【 土 】11:00〜20:45(L.O 食事、喫茶とも20:00)

※作品鑑賞には、1人1オーダー必須

【場 所】 TENRAN CAFE 内

 

 

≪Summer Lighting Night Cafe 限定テイクアウトメニュー≫

地ビール(六甲山ビール)などのアルコールの他、六甲山名物ジンギスカンを使った唐揚げなどの限定軽食メニューをお楽しみいただけます。また、光るわたがしや光るかき氷等、お子様に楽しんでいただけるメニューも多数取り揃えています。

 

≪見晴らしの塔内 空間演出≫

Summer Lighting Night Cafe の演出家 伏見雅之氏による六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019 の本展示を、9月13日(金)から見晴らしの塔前エリアで実施します。

今年は「蜘蛛の糸」をテーマとした光と影の物語の演出を予定しており、それに先立って8月10日(土)からは、見晴らしの塔内部の螺旋空間に、物語の登場人物を照射します。

塔の内部の照射は、日中もご覧いただける予定です。