ニュースリリース

阪神甲子園球場のメインビジョンが完成!
〜ビジョン全面を使った迫力ある映像と演出が可能に〜

2019年3月4日

 

 

 

 阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:秦雅夫)が運営する阪神甲子園球場では、2018年11月にリニューアル工事に着手した球場のシンボルでもあるメインビジョンがついに完成いたしました。

 メインビジョンは、3月9日(土)オープン戦 阪神 vs 日本ハムから運用を開始し、2019年シーズン阪神甲子園球場開幕戦4月9日(火)阪神vs DeNAから、ファンの皆様に、これまで以上の高解像度・高コントラストの映像で、ビジョン全面を使った迫力、魅力ある演出をお楽しみいただけるようになります。

 誕生95周年を迎える阪神甲子園球場は、2019年もご来場のお客様に更なる夢と感動をご提供してまいります。

 

◎ リニューアルの概要

(1)メインビジョンの左右に分割されたフリーボード2面(縦 6.40m × 横 12.0m)を

  1面(縦 8.32m × 横 29.76m)とする大型化(画面サイズは従来の1.6倍へ)

(2)新たな映像演出システムの導入

 

【参考】新旧比較(イメージ)

 

※ 印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル193kバイト)。