ニュースリリース

【六甲山観光梶z六甲高山植物園 冬季特別開園
〜春の息吹を感じる6日間〜

2019年1月22日

六甲山観光株式会社

六甲高山植物園

 阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市 社長:秦雅夫)のグループ会社である六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治)が運営する六甲高山植物園では、冬季期間中に見ごろを迎える早春の花々を観賞していただく「冬季特別開園」を実施します。

 この「冬季特別開園」は、日ごとに移ろう季節の変化を感じていただくことを目的に、3週間にわたって6日間開催しています。現在の六甲山はまだまだ厳しい寒さが続いていますが、約50uと日本有数の植栽面積を誇るバイカオウレンをはじめとする早春の花々が凛と咲く様子からは、春の息吹を感じることができます。

 

◆バイカオウレン(キンポウゲ科)

 林下に生育する高さ4〜15cmの多年草です。当園では、早春に最も早く開花する花で、梅に似た花と、冬でも枯れない常緑の葉が特徴です。白い部分は花びらのように見えますが、萼(ガク)です。“オウレン”とは、中国からわたってきた漢方薬の黄蓮のことで地中を這う地下茎が黄色く、よく似ています。そのため、梅花黄連(バイカオウレン)と名がついています。

 

六甲高山植物園 冬季特別開園 概要

【日時】 2019年2月23日(土)、24日(日)、3月2日(土)、3日(日)、9日(土)、10日(日)

  10:00〜16:00 (入園受付は15:30まで) ※西入口のみ開門。

 ※荒天中止。開花状況等、詳細はホームページで発表します。 URL→http://www.rokkosan.com/hana/

【料金】 大人520円、小人260円 ※特別割引料金で入園していただけます。

【催し】 @早春の花を巡る、花のガイド(10:30〜/13:00〜)

  ※2月23日(土)は「ぶらぶら園内ガイド」でおなじみの、沖和行先生による特別ガイドを開催

     A11:30より豚汁の振る舞い ※2月開催日のみ 各日100食限定

【特典】 @2月23日(土)のみ、先着100名様にバイカオウレン苗贈呈

      A入園回数券(5回券)を特別割引価格で販売 ※5回券 通常:2,400円→特別割引:2,000円

      Bオリジナルカレンダープレゼント

     C駐車料金無料